人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2012】大満足の『新・光神話 パルテナの鏡』をプレイ

GDC2012の任天堂ブースにて『新・光神話 パルテナの鏡』を体験することができました。既に発売を来週に控え、完成度の高いバージョンとなっていました。

任天堂 3DS
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
GDC2012の任天堂ブースにて『新・光神話 パルテナの鏡』を体験することができました。既に発売を来週に控え、完成度の高いバージョンとなっていました。

プレイできたのはシングルプレイとマルチプレイ、それからARカードを使ったプレイの3種類。今回の任天堂ブースの中では目玉の扱いで、多数の試遊台が並べられていました。

今回は本編であるシングルプレイをチェック。一言で言えば「爽快」そして「遊び応えアリ」(これじゃ二言ですね...)。基本的なゲームプレイは画面の奥へ奥へ進んでいくシューティング。天使のピットを操り迎え撃つ敵を撃破して進みます。この爽快感を生み出しているのはタッチペンとボタンを両方使った独特ながら完成された操作法。タッチペン操作で照準を合わせて本体のLボタンで撃つのですが、下画面をタッチペンで軽快にスライドするという操作自体が楽しいのです。しかも文字にすると少々複雑ですが、実際触るとばっちりフィット。3DSにおけるFPS/TPSの一つの完成形と言っても良いでしょう。

そしてゲーマーも満足の遊び応えがあります。今回遊べたステージは3分程度でクリアできるシーンが繋ぎあわせられ、最後にボスが登場するという設計です。少しお腹いっぱいになってきた頃にちょうど新しいシーンが展開されるため、集中力を途切れされることなく次へ次へ遊んでいけます。その合間にはピットと女神様のかけあいも挿入され、気分をもり立ててくれます。サウンドも徐々にテンポアップ。クライマックスのボスの登場を告げます。

1つのステージクリアまで「え、何分やってたかな?」と思うくらい集中してプレイができました。実際は10分ちょっとでしょうか。「爽快」かつ「遊び応えアリ」のゲーム展開で、充実したひとときを過ごす事ができました。その分、集中して適度な疲労感もありましたので、同梱される「ニンテンドー3DS専用スタンド」がぴったりかなと思います。

まあつまり、『新・光神話 パルテナの鏡』は3DSユーザーならマストバイなゲームってことです。3月22日発売、価格は5800円です。

ちなみにブースではプレイした方に特製ARカードが配布されていました。そちらの写真も添付しておきます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  6. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  10. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『スマブラSP』で忙しすぎて困る

アクセスランキングをもっと見る