人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2012】キャリアパビリオンには開発者を目指す学生が多数詰めかける

毎年恒例となっているGDCのキャリアパビリオンには多くの求職者が集まりました。例年はエキスポ会場と併設されていましたが、今回はキャリアパビリオンはウエストホールに、エキスポはノースポールに、という形で分割され来場者にとっては少し不便な形に。

ゲームビジネス その他
毎年恒例となっているGDCのキャリアパビリオンには多くの求職者が集まりました。例年はエキスポ会場と併設されていましたが、今回はキャリアパビリオンはウエストホールに、エキスポはノースポールに、という形で分割され来場者にとっては少し不便な形に。

さて、新卒一括採用というスタイルがない米国の求職活動。新卒者や未経験者であっても、自分の腕を証明しなくては職は見つかりません。日本も同様ですが、そこで必要となるのがポートフォリオ。自分の作ってきた作品をまとめてアピールするわけです。

ほぼ全ての主要ゲームメーカーが出展し、数多くのブースが並んでいるキャリアパビリオン。典型的な例はブースがあり、カウンターが二手に分かれていて、それぞれ「Students」「Professionals」という分け方です。一括採用は無くとも、新卒と経験者の間には歴然とした差があるわけです。

昨年に続いて、キャリアパビリオンは盛況で出展者も多く、引き続き採用のニーズは高いと感じました。

日系企業では任天堂やソニー・コンピューターエンタテインメントのほか、コナミが小島プロダクションャソーシャルゲーム分野で求人を実施、『Dead Rising 2』を開発したカプコンのカプコンスタジオバンクーバーもブースを構えていました。また、今回初出展のグリーも精力的に採用活動を行い、スポンサーランチセッションや夜のパーティも行なっていました。

最終日には「Game Career Seminar」と題してゲーム業界でキャリアを積むためのノウハウを教える8つのセッションが実施。同時にブースではポートフォリオをプロにレビューしてもらうという企画もあり、特に最終日は学生が多く集まりました。

会場ではGDC主催者であり「game developer」という雑誌や「Gamasutra.com」というウェブサイトを運営するUBM TechWebによる「Game Carrer Guide」という冊子(同名ウェブサイトもあり)が配布。100ページ以上のボリュームで学生にとって有意義な内容が記されていました。こんなメディア、日本にもあると素敵ですね。(他人事じゃいけませんね)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

    今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 「ゲーム業界のエコシステムを変える」初のゲームも披露された和田洋一氏率いるシンラ・テクノロジーの開発者会議

    「ゲーム業界のエコシステムを変える」初のゲームも披露された和田洋一氏率いるシンラ・テクノロジーの開発者会議

  4. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  5. 『シャドウ オブ ザ ダムド』開発スタッフが語るアンリアルエンジン3・・・「Unreal Japan News」第27回

  6. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第1回 Shadeとは? 生い立ちから最新版の機能まで

  7. ゲーム『桃太郎電鉄』シリーズをモチーフにした飲食店「桃鉄食堂」が、東京と横浜にオープン

  8. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  9. VRアドベンチャー『東京クロノス』9人目のキャラクターと藍井エイルが歌うテーマ曲入りの新PVが公開、イベントも開催

  10. 今週発売の新作ゲーム『THE QUIET MAN』『Call of Cthulhu』『Diablo III: Eternal Collection』『Agony Unrated』他

アクセスランキングをもっと見る

1