人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2012】キャリアパビリオンには開発者を目指す学生が多数詰めかける

ゲームビジネス その他

毎年恒例となっているGDCのキャリアパビリオンには多くの求職者が集まりました。例年はエキスポ会場と併設されていましたが、今回はキャリアパビリオンはウエストホールに、エキスポはノースポールに、という形で分割され来場者にとっては少し不便な形に。

さて、新卒一括採用というスタイルがない米国の求職活動。新卒者や未経験者であっても、自分の腕を証明しなくては職は見つかりません。日本も同様ですが、そこで必要となるのがポートフォリオ。自分の作ってきた作品をまとめてアピールするわけです。

ほぼ全ての主要ゲームメーカーが出展し、数多くのブースが並んでいるキャリアパビリオン。典型的な例はブースがあり、カウンターが二手に分かれていて、それぞれ「Students」「Professionals」という分け方です。一括採用は無くとも、新卒と経験者の間には歴然とした差があるわけです。

昨年に続いて、キャリアパビリオンは盛況で出展者も多く、引き続き採用のニーズは高いと感じました。

日系企業では任天堂やソニー・コンピューターエンタテインメントのほか、コナミが小島プロダクションャソーシャルゲーム分野で求人を実施、『Dead Rising 2』を開発したカプコンのカプコンスタジオバンクーバーもブースを構えていました。また、今回初出展のグリーも精力的に採用活動を行い、スポンサーランチセッションや夜のパーティも行なっていました。

最終日には「Game Career Seminar」と題してゲーム業界でキャリアを積むためのノウハウを教える8つのセッションが実施。同時にブースではポートフォリオをプロにレビューしてもらうという企画もあり、特に最終日は学生が多く集まりました。

会場ではGDC主催者であり「game developer」という雑誌や「Gamasutra.com」というウェブサイトを運営するUBM TechWebによる「Game Carrer Guide」という冊子(同名ウェブサイトもあり)が配布。100ページ以上のボリュームで学生にとって有意義な内容が記されていました。こんなメディア、日本にもあると素敵ですね。(他人事じゃいけませんね)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

    【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  4. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  7. 2017年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  9. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  10. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

アクセスランキングをもっと見る