人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、『ガンスリンガー ストラトス』で遮蔽カリングの「Umbra」を採用

その他 アーケード

スクエニがアーケード向けの新作『ガンスリンガー ストラトス』を発表
  • スクエニがアーケード向けの新作『ガンスリンガー ストラトス』を発表
国内ではIGMが取り扱っているアンブラソフトウェア社(フィンランド)の遮蔽カリングミドルウェア「Umbra」が、バイキングが開発し、スクウェア・エニックスから発売予定の業務用向け『ガンスリンガー ストラトス』に採用されたとのこと。

『ガンスリンガー ストラトス』はゲームエンジンにシリコンスタジオのORICHIを採用。スピード感あふれるアクションゲームで、東京・渋谷を彷彿とさせるような近未来の世界を舞台に、2丁ガンコントローラーで多彩な武器を操り激しいバトルを繰り広げます。最大4対4のオンラインマルチ対戦にも対応します。

遮蔽カリング(オクルージョンカリング)とは遮蔽物などに遮られている後方のオブジェクトを描画しないようにする処理。「Umbra」ではグラフィックスの描画のみならず、音源やゲームロジックも含めてカリング可能。プリプロセス時に自動生成されるポータルを用いて処理をするため、処理負荷も抑えられています。Bungie、38 Studios、IO Interactive、Remedy、CCP、Specular Interactive、Tripwire、SOEなど世界中のデベロッパーで採用があります。

『ガンスリンガー ストラトス』は、2012年夏に稼働予定だとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  2. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  3. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  4. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  5. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  8. 12年ぶり完全新作「ゾイドワイルド」発表!2018年6月より展開、スイッチでのゲーム化も予定

  9. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  10. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】対戦ゲームで負けて眠れない夜をなんとかしたい

アクセスランキングをもっと見る

1