人生にゲームをプラスするメディア

前作より進化『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』本日発売

バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox360ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』を本日発売しました。

ソニー PS3
バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox360ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』を本日発売しました。

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』は、忍道対戦アクション「NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメット」シリーズの最新作。過去に発売されたシリーズ同様に、今作もサイバーコネクトツーが開発を手掛けます。アニメで登場した最新のキャラクターはもちろん、少年篇に登場した懐かしのキャラクター達も多数登場し、タイトル名の通り世代を越えてキャラが集結。これまで見ることの出来なかった、時代を超えた夢の忍バトルが実現しています。

ステージも多数追加。前作までに登場していたバトルステージをリメイクしたステージも数多く存在します。さらに、前作に搭載されていた世界中のユーザー達とランクを競い合う「ランクバトル」に加え、新たにカスタマイズ要素を駆使して、世界中の忍達と戦うことが可能な「Exランクバトル」が追加されました。

オンライン上でトーナメント形式のバトルを行うことが可能。オフラインのトーナメントには「バトルトーナメント」と「チャレンジトーナメント」の2種類があり、「バトルトーナメント」では、自由にキャラクターを選んで、最大8人のトーナメントバトルが可能です。

オフラインの場合は、各キャラクターごとに操作する人をCPUもしくはプレイヤーから選ぶことができます。

一方「チャレンジトーナメント」(オフライン専用)は、CPUを相手に勝ち進んでいく1P専用のトーナメント。それぞれ、初級・中級といった形でランクごとに分かれており、ランク内のすべてのトーナメントをクリアすることで、次のランクのトーナメントへ進めます。各ランクをクリアすることで、要素が解放されたり、報酬を得ることができます。

そして前作にも登場したアバターカード「忍識札」が本作にも登場。プレイヤーの戦績がただ記録されるだけではなく、自分だけの通り名やキャラの画像などを自由にカスタマイズすることが出来ますが、カスタマイズ機能は『ストーム2』より大幅パワーアップしています。

また本作では、オンラインで一度対戦した他のプレイヤーの忍識札と自分の忍識札を交換することが可能。交換した忍識札は、相手の戦績が確認できるだけではなく、「Exランクバトル」でサポートキャラクターとして使用することができます。また、相手の戦績によって、サポートキャラクターとしての能力が変化します。

『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション』は、好評発売中で価格は7,330円(税込)です。

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 『キングダム ハーツIII』プレイレポーソラもわたしも全然変わっていなかった【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る