人生にゲームをプラスするメディア

「データカードダス」新型筐体、7月下旬登場 ― 第1弾は『百獣大戦 グレートアニマルカイザー』

その他 アーケード

バンダイは、「データカードダス」の新型筐体を2012年7月下旬より稼働すると発表しました。

2005年より展開しているデジタルデータとカードゲームを融合させた「データカードダス」。これまでに量販店やアミューズメント施設などを中心に全国で約24,000台を設置し、カードの累計出荷枚数は10億枚を突破する大ヒットシリーズとなっています。

新型筐体は、現行の筐体よりも大きな21.5インチの液晶画面が採用され、これまで以上に高画質で迫力あるバトルが楽しめるようになっているほか、ICカードリーダーを2ヶ所搭載することで、2人プレイの場合も別売りのICカードを使用して戦績を記録し、経験値を貯められるようになりました。筐体のサイズはほぼ変わらず、操作も現行のデータカードダス同様、赤・青・緑のボタンを使用します。

第1弾タイトルとなる『百獣大戦 グレートアニマルカイザー』は、バンダイナムコゲームスがゲームソフト開発を担当。実際の動物をはじめとした様々な生物が、「ライオン」VS「サメ」といった現実では考えられないユニークな組み合わせで対戦して迫力のバトルを繰り広げるゲームです。

主人公キャラクターとして戦う「ファイターカード」とそれをサポートする「フレンドカード」の組み合わせて特殊な必殺技を発動したり、天変地異などの大技を繰り出す「ミラクルカード」を使用してバトルに挑みます。別売りのICカードを使用して戦績を記録すると、経験値が加わり、アニマルを強くしていくことが可能です。

公開されているPVでは、動画の後半部分で新作『グレートアニマルカイザー』のプレイ画面を見ることができます。あわせてぜひご覧ください。



2プレイがより白熱する「データカードダス」の新型筐体に期待です。

データカードダス『百獣大戦 グレートアニマルカイザー』は、2012年7月下旬より順次稼動予定で、価格は1プレイ100円(税込)です。

(C) 2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

    佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは?、『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず…など(10/17)

    【昨日のまとめ】『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは?、『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず…など(10/17)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

  6. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  7. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  8. 海外発、ちょっとシュールなレトロゲームのGIFアニメ集プロジェクト「BACK TO BITS」をご紹介

  9. 【特集】広くて危険な「オープンワールドアクションの世界」10選

  10. 【特集】ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来

アクセスランキングをもっと見る