人生にゲームをプラスするメディア

「データカードダス」新型筐体、7月下旬登場 ― 第1弾は『百獣大戦 グレートアニマルカイザー』

その他 アーケード

バンダイは、「データカードダス」の新型筐体を2012年7月下旬より稼働すると発表しました。

2005年より展開しているデジタルデータとカードゲームを融合させた「データカードダス」。これまでに量販店やアミューズメント施設などを中心に全国で約24,000台を設置し、カードの累計出荷枚数は10億枚を突破する大ヒットシリーズとなっています。

新型筐体は、現行の筐体よりも大きな21.5インチの液晶画面が採用され、これまで以上に高画質で迫力あるバトルが楽しめるようになっているほか、ICカードリーダーを2ヶ所搭載することで、2人プレイの場合も別売りのICカードを使用して戦績を記録し、経験値を貯められるようになりました。筐体のサイズはほぼ変わらず、操作も現行のデータカードダス同様、赤・青・緑のボタンを使用します。

第1弾タイトルとなる『百獣大戦 グレートアニマルカイザー』は、バンダイナムコゲームスがゲームソフト開発を担当。実際の動物をはじめとした様々な生物が、「ライオン」VS「サメ」といった現実では考えられないユニークな組み合わせで対戦して迫力のバトルを繰り広げるゲームです。

主人公キャラクターとして戦う「ファイターカード」とそれをサポートする「フレンドカード」の組み合わせて特殊な必殺技を発動したり、天変地異などの大技を繰り出す「ミラクルカード」を使用してバトルに挑みます。別売りのICカードを使用して戦績を記録すると、経験値が加わり、アニマルを強くしていくことが可能です。

公開されているPVでは、動画の後半部分で新作『グレートアニマルカイザー』のプレイ画面を見ることができます。あわせてぜひご覧ください。



2プレイがより白熱する「データカードダス」の新型筐体に期待です。

データカードダス『百獣大戦 グレートアニマルカイザー』は、2012年7月下旬より順次稼動予定で、価格は1プレイ100円(税込)です。

(C) 2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

    【特集】「大切なのは何を生み出すか」トイロジック岳氏がオリジナルゲームと自社エンジン開発へのこだわり語る

  2. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

    【昨日のまとめ】『FGO』クリスマス2017召喚に計130連チャレンジ、『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付、『モンハン:ワールド』βテスト第2弾の実施決定…など(12/16)

  4. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツに興味津々! 『FGO』の意外な特集の数々にも注目集まる

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

  6. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  7. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. 現・世界チャンピオンによるオセロ講座も!『逆転オセロニア』リアルイベントレポート

  10. 【特集】いまさら聞けない「ガルパン」の魅力 ― ファンの心をグッと掴んで離さない“魅せ方”とは

アクセスランキングをもっと見る