人生にゲームをプラスするメディア

ユニティ、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity3.5」をリリース

ゲームビジネス 開発

Unity Technologiesは、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity3.5」の正式リリースを開始しました。

今回のアップデートはこれまでで最大のものとなっており、Unity 3.0以降のユーザーは、無料・有料を問わず全てアップデートが可能です。機能追加では、パーティクルエフェクトの完全な制御機能を提供する新機能「Shuriken」をはじめ、高パフォーマンスな経路探索と群衆シミュレーションを実行する人工知能機能、驚異的なビジュアル表現を可能としたライティング及びレンダリング、新しいプラットフォームとしてNative Clientをサポートしたほか、処理速度を飛躍的に向上しました。

また新機能追加により、共同作業をサポートするAsset Server Licenseはより高いパフォーマンスと柔軟性を実現。新たに追加となったCache Serverはさまざまな規模でのパフォーマンスを向上させ、SubversionやPerforceといったサードパーティー製バージョン管理システムを制御するAPIにより大規模チームでのワークフローも改善。こうした変更を反映し、アドオンの名称を「Team License」としています。

さらに新しいGPUプロファイラ、ゲームにソーシャル性を与えるソーシャルAPI、ミュージック・ゲームで必要とされるオーディオ・バッファへの直接アクセス、ディレクショナル・ライトマップのサポートなど、多彩な改善が含まれており、詳細はホームページにて公開しているとのことです。

CEOのディビッド・ヘルガソン氏は「Unity3.5はこれまでで最も大きなバージョンアップとなっています。私たちはUnityへの期待が高まっていることを認識し、これまで大規模スタジオの開発者が利用可能だったハイエンドな機能を、小規模スタジオの開発者に向けて組み込みました。Unity3.5は、全ての利用者にとって最適なものを目指し続けていく義務の証明になるでしょう」とコメント。

チーフ・クリエイティブ・オフィサーのニコラス・フランシス氏は「私たちは、1年前から入念な準備のもとに開発を始めました。使いやすい設計を維持しながら、より複雑なプロジェクトや大規模チームのための機能の実現は非常に難しかったのですが、Unityユーザーには満足してもらえると確信しています。このUnity3.5の正式なリリース発表を大変に誇りに思います」としています。

「Unity3.5」は無料で使えるバージョンも用意されていますが、全ての機能が利用出来る「Unity Pro 3.5」は12万7500円で提供するとのことです。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  2. コナミ主催のe-Sports日本選手権「パワプロチャンピオンシップス 2017」がNPB公認大会に!

    コナミ主催のe-Sports日本選手権「パワプロチャンピオンシップス 2017」がNPB公認大会に!

  3. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  4. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  5. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  6. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  9. ゲームジャーナリスト、平林久和氏に聞くゲーム産業の今後・・・GTMF2013直前インタビュー

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る