人生にゲームをプラスするメディア

ユニティ、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity3.5」をリリース

ゲームビジネス 開発

Unity Technologiesは、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity3.5」の正式リリースを開始しました。

今回のアップデートはこれまでで最大のものとなっており、Unity 3.0以降のユーザーは、無料・有料を問わず全てアップデートが可能です。機能追加では、パーティクルエフェクトの完全な制御機能を提供する新機能「Shuriken」をはじめ、高パフォーマンスな経路探索と群衆シミュレーションを実行する人工知能機能、驚異的なビジュアル表現を可能としたライティング及びレンダリング、新しいプラットフォームとしてNative Clientをサポートしたほか、処理速度を飛躍的に向上しました。

また新機能追加により、共同作業をサポートするAsset Server Licenseはより高いパフォーマンスと柔軟性を実現。新たに追加となったCache Serverはさまざまな規模でのパフォーマンスを向上させ、SubversionやPerforceといったサードパーティー製バージョン管理システムを制御するAPIにより大規模チームでのワークフローも改善。こうした変更を反映し、アドオンの名称を「Team License」としています。

さらに新しいGPUプロファイラ、ゲームにソーシャル性を与えるソーシャルAPI、ミュージック・ゲームで必要とされるオーディオ・バッファへの直接アクセス、ディレクショナル・ライトマップのサポートなど、多彩な改善が含まれており、詳細はホームページにて公開しているとのことです。

CEOのディビッド・ヘルガソン氏は「Unity3.5はこれまでで最も大きなバージョンアップとなっています。私たちはUnityへの期待が高まっていることを認識し、これまで大規模スタジオの開発者が利用可能だったハイエンドな機能を、小規模スタジオの開発者に向けて組み込みました。Unity3.5は、全ての利用者にとって最適なものを目指し続けていく義務の証明になるでしょう」とコメント。

チーフ・クリエイティブ・オフィサーのニコラス・フランシス氏は「私たちは、1年前から入念な準備のもとに開発を始めました。使いやすい設計を維持しながら、より複雑なプロジェクトや大規模チームのための機能の実現は非常に難しかったのですが、Unityユーザーには満足してもらえると確信しています。このUnity3.5の正式なリリース発表を大変に誇りに思います」としています。

「Unity3.5」は無料で使えるバージョンも用意されていますが、全ての機能が利用出来る「Unity Pro 3.5」は12万7500円で提供するとのことです。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【CEDEC 2013】リハビリ用ゲーム『リハビリウム起立くん』から見た、介護施設へのゲーム導入とその可能性

  5. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  6. 任天堂、初の社外取締役を起用へ

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. 【CEDEC 2010】外国人が語る欧州言語向けローカライズの実情

  10. 【GDC 2013】NimbleBitが語る、「ゲーム制作における極意と禁忌」

アクセスランキングをもっと見る