人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコスタジオ設立へ~1000名の開発者が所属

ゲームビジネス その他

バンダイナムコホールディングスは、バンダイナムコゲームスを分社化し、開発スタジオでコンテンツの企画開発に携わる約1000名の開発人員が所属する新会社、株式会社バンダイナムコスタジオを4月2日に設立すると発表しました。

新たにバンダイナムコスタジオに所属するのは、家庭用ゲーム、業務用ゲーム、ネットワークコンテンツなどの開発人員で、今年1月1日に吸収合併したナムコ・テイルズスタジオのスタッフも含まれます。

開発機能を分社化し独立させることで、コンテンツ開発に特化し、最適化された制度・仕組み等の導入を円滑化できるとしています。また、4月より始まる新中期経営計画の下、従来以上の開発人員のスキル開発や創造性の発揮を促し、コンテンツ開発力を強化、自立型のクリエイター・エンジニア集団を目指すとしています。

具体的には、『鉄拳』『ソウルキャリバー』『太鼓の達人』『テイルズオブ』『機動戦士ガンダム 戦場の絆』シリーズなどの既存コンテンツと新規コンテンツの企画開発を行なっていくとのこと。

■新会社の概要(予定)
<商号> 株式会社バンダイナムコスタジオ(英語 NAMCO BANDAI Studios Inc.)
<設立日> 平成 24 年 4 月 2 日
<事業内容> 家庭用ゲーム・業務用ゲーム機・ネットワークコンテンツなど、コンテンツの
企画・開発・運営など
<資本金> 10 百万円
<本社所在地> 東京都品川区
<代表者> 中谷 始(現 バンダイナムコゲームス取締役
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  2. 【CEDEC 2010】2000万人を魅了するソーシャルゲームの作り方

    【CEDEC 2010】2000万人を魅了するソーシャルゲームの作り方

  3. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

    『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  4. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  5. 【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

  6. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  7. 『Mr.インクレディブル』の続編が発売決定

  8. VRコントローラー「Oculus Touch」海外発売日と価格が発表

  9. ジェダイ体験できる「スター・ウォーズ」のVRゲーム『TRIALS ON TATOOINE』映像公開

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る