人生にゲームをプラスするメディア

自分だけの大帝国を築くオンライン戦略SLG『乱世名将』今春登場 ― CBTも募集開始

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

インゲームは、オンライン戦略シミュレーションゲーム『乱世名将』のサービス開始に先駆けてクローズドβテストを実施すると発表しました。

『乱世名将』は、「蒙古(モンゴル)」が世界最大の帝国を築いた大陸戦国時代を背景に繰り広げられる戦略シミュレーションゲームです。プレイヤーは「蒙古」など幾つかの領土から自国を選択し、国力を整えながら列強諸国との戦いに勝利していきます。選択により変化する世界情勢や近隣諸国との軍事バランスなども攻略の鍵となります。

建国時には何もない都市ですが、建物を建築することで資源の獲得や武将の雇用が可能になります。また都市を発展させることで「任務」を受領することが可能になり、条件を満たせばさまざまな奨励が獲得できます。経済都市を目指すか、軍事国家を目指すか、都市の発展はプレイヤー次第で大きく変化します。

自国の領土拡大や他国からの侵略に備え、武将の雇用や兵の編成を行います。都市に建築した建物レベルが高いほど得られる軍事効果も上昇。より強力な軍隊を保有することができるようになります。また、都市を発展させればさまざまな攻城兵器も開発可能になります。最強の部隊を編成しましょう。

戦闘の内容は「偵察」「略奪」「占領」「策略」など多種多様。自軍の編成によって戦況は大きく変化するので、戦略次第では大軍を打ち破ることも可能です。民のために戦うか、野心と共に他国の領土を奪い取るか。プレイyターの選択で世界が変化していきます。

一定条件を満たすと天下(世界マップ)に新たな城を保有することが可能になります。城は、新城の建築するか、他領主が保有する城を攻め落とすことで獲得できます。レベルが高い城ほど得られる資源も多くなります。

城外の産業を発展させることで、自国を強化するために必要な資源を獲得することができます。資源は建物を建築する際に必要なものから、兵士の雇用、兵器の開発、城壁の増強など用途は様々です。

任務は、資源の獲得からアイテムの受領まで内容はさまざま。難易度が高いものほど得られる奨励も高価になっていきます。レアなアイテムを手に入れて自国を発展させましょう。

他のプレイヤーと手を組む「連盟」や、一定の条件で雇用できる通常の武将の能力を遥かに凌ぐ「天将」を活用して、より強大な敵国へ戦いを挑みましょう。

■乱世名将 クローズドβテスト
本作の正式公開に先駆け、クローズドβテストの実施が決定しました。興味がある方はぜひご応募下さい。

テスター募集期間:2012年2月1日(水)~
募集人数:500名
実施期間:2012年2月10日(金)~2月16日(木)まで
テスター登録サイト:http://ingame.jp/ransei/cbt.html

プレイヤーの選択により変化する世界情勢。武将と共に自分だけの大帝国を築き上げましょう。

『乱世名将』は、2012年春サービス開始予定です。

(C)2012 INGAME Inc. All right reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

    『PUBG』が遂に韓国政界にて言及―「韓国ゲーム史のなかでも類を見ないもの」

  2. にじよめちゃんから脅迫状!? 断固とした姿勢で『メカむすメーカー』をご紹介─500,000,000万通り以上の組み合わせで「ゼンマロイド」を生み出そう

    にじよめちゃんから脅迫状!? 断固とした姿勢で『メカむすメーカー』をご紹介─500,000,000万通り以上の組み合わせで「ゼンマロイド」を生み出そう

  3. 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

    【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. 90年代風味のVRサバイバルホラー『Organ Quarter』がSteamで配信開始

  6. 『PUBG』チーターのBANがついに32万人オーバー―直近24時間では約2万人のBANも

  7. 新作MMORPG『BLESS』クローズドベータテスト2を実施、10,000人のテスターを新規募集・インサイドでは300人の読者枠を用意

  8. レベルファイブ×DMM GAMESで贈る『装甲娘』発表!美少女たちが『ダンボール戦機』のLBXをまとう!?

  9. 『マインクラフト』に存在する伝説の地「ファーランド」を目指し、4年以上歩き続けているギネスプレイヤーKurt J.Macの旅とは

アクセスランキングをもっと見る