人生にゲームをプラスするメディア

水木一郎さんが「大江戸戦士トノサマンの唄」を熱唱、人気ランキングも発表、『逆転裁判5』も制作決定!・・・「逆転裁判10周年 特別法廷」(後編)

その他 全般

『逆転裁判』シリーズ10周年を祝うイベント「逆転裁判10周年 特別法廷」、前半に続いて後半も大いに盛り上がりました。

■特別法廷 ≪アンケート≫
次の証拠品は、ヤッパリ矢張くんが今日のために集めたという(?)必殺のアンケート。「あなたは成歩堂派?御剣派?」など、(御剣にとって)気になる内容が書かれているとか。

「好きな音楽」は1位に「追求 ~追いつめられて」。ゲームでもお馴染み、あの曲が1位であることに会場のファンは納得の一言。続いて3位「逆転姉妹 ~綾里真宵のテーマ」、4位「珈琲は闇色の香り ~ゴドーのテーマ」、5位「意義あり! ~成歩堂龍一のテーマ」と続いていきます。

あえて触れなかった2位は、『逆転』シリーズでは欠かせないこの曲「大江戸戦士トノサマンの唄」でした。ここでスペシャルゲストとしてアニソン界のアニキこと水木一郎さんが登場し、まさかの熱唱ライブ!バックダンサーにトノサマンも登場し、一層の盛り上がりを見せました。

水木一郎さんは「ゲームでこの曲を聞き、いつか歌いたいと思っていた」とコメント。パフォーマンスも熱かったです。

続いて「心に残るセリフ」ランキング。ゴドーの「オトコが泣いていいのは・・・すべてを終えたときだけ、だぜ」や、綾里千尋「弁護士は、ピンチの時こそふてぶてしく笑うものよ」など、『逆転』シリーズの名言が並びます。

ランクインした御剣のセリフは「そういうアレは、困る」。・・・名言ならぬ迷言。そして「あなたは成歩堂派?御剣派?」は、御剣にとって“特別法廷”での苦い思い出が増える結果の様子。もちろん1位のセリフを皆で叫びます・・・異議あり!

■特別法廷 ≪スマートフォン≫~≪アンコール≫
そのほか、矢張のシリポケットに入った“スマホ”も、見逃せないポイント。iPhone向けアプリ『逆転裁判 123HD』が発表されました。詳しいゲーム内容についてはコチラの記事をご覧ください。
http://www.inside-games.jp/article/2012/01/29/54207.html

楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、お開きムードなった所で「待った!」をかけるのは、『逆転裁判4』の主人公である王泥喜法介。さらにライバルである牙琉響也とともに駆けつけ、ゲーム中のバンド≪GARYU WAVE≫のヒット曲「ラブラブ・ギルティ」をライブでお届け。水木さんが再登場し、巧さんのギターとともに熱いウェーブをうならせました。

ヒートアップしたところで、重大発表。それは会場にいるすべてのファンが待ち望んだ『逆転裁判5』が制作決定のサプライズ発表。会場はこれまでにないほどの大きな歓声に包まれ、盛り上がりは最高潮に達しました。発表内容はコチラをご覧ください。
http://www.inside-games.jp/article/2012/01/29/54207.html

10年間、たくさんの人に愛され続けた『逆転裁判』。ファンイベントやコラボレーションなど、ゲーム以外にもいろんなところに広がりを見せていますが、やっぱり一番望まれているのは新作ですね。歓喜の涙をこぼしながらの閉場となりました。

イベント会場では映画「逆転裁判」の小道具展示も行われており、たくさんの逆転ファンがシャッターを切っていました。詳しくは以下の記事でお伝えします。
http://www.inside-games.jp/article/2012/01/29/54211.html
《Lifa》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

  2. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

    フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  3. 「龍が如くスタジオ」8月26日に新作発表会を実施!“衝撃の発表”を予定

    「龍が如くスタジオ」8月26日に新作発表会を実施!“衝撃の発表”を予定

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. スクエニ、新プロジェクト「ディア ホライゾン」発表! 第一弾としてTVアニメを今秋放送

  6. 『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  9. 『君の名は。』の「宮水三葉」と「立花瀧」がねんどろいどに―劇中の落書きシーンもバッチリ再現!

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る