人生にゲームをプラスするメディア

3D秒間60フレーム、映画、対戦、すれちがい通信『TEKKEN 3D PRIME EDITION』最新映像をチェック

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『TEKKEN 3D PRIME EDITION』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『TEKKEN 3D PRIME EDITION』の最新情報を公開しました。

『TEKKEN 3D PRIME EDITION』は、臨場感溢れる「立体視」とともに、秒間60フレームを実現した対戦格闘ゲームです。フルCG映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」も3D映像で収録。「ゲーム+映画」の2本立てとなっています。



本作のウリはニンテンドー3DSの格闘ゲーム初の3Dで秒間60フレームを実現。滑らかに美麗にグラフィックが描かれます。登場するキャラクターは、総勢41キャラクター。さらにアーケードで好評稼動中の『鉄拳 タッグトーナメント2』に登場している新たな平八のモデル&モーションを3DS版でも採用。携帯機で好きなだけプレイ可能です。

また、3DS版の新要素として、タッチスクリーンを順番にタッチするだけで簡単に空中コンボが繰り出せます。さらにLかRボタンを押しながらY→X→Bとタイミングよくボタンを入力すると、『鉄拳』らしい空中コンボをボタン操作で出せます。他にもタッチスクリーンに好きな技を割り振れば、1タッチで技を繰り出すことが出来ます。

対戦プレイはワイヤレス通信を使ったローカルプレイと、インターネット通信を利用してオンライン対戦が楽しめます。

すれちがいち通信にも対応。ゲーム中集めた歴代『鉄拳』シリーズのCGイラストを3Dカード化した「鉄拳カード」が700枚以上登場。これを他のプレイヤーと交換することができます。

任天堂ハードでは『鉄拳アドバンス』以来、久々の登場となる『TEKKEN 3D PRIME EDITION』。ぜひチェックしてみてください。

『TEKKEN 3D PRIME EDITION』は、2012年2月16日発売で価格は5,800円(税込)です。

(C)NAMCO BANDAI Games.Inc
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  2. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  3. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

  10. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

アクセスランキングをもっと見る