人生にゲームをプラスするメディア

3D秒間60フレーム、映画、対戦、すれちがい通信『TEKKEN 3D PRIME EDITION』最新映像をチェック

バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『TEKKEN 3D PRIME EDITION』の最新情報を公開しました。

任天堂 3DS
バンダイナムコゲームスは、ニンテンドー3DSソフト『TEKKEN 3D PRIME EDITION』の最新情報を公開しました。

『TEKKEN 3D PRIME EDITION』は、臨場感溢れる「立体視」とともに、秒間60フレームを実現した対戦格闘ゲームです。フルCG映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」も3D映像で収録。「ゲーム+映画」の2本立てとなっています。



本作のウリはニンテンドー3DSの格闘ゲーム初の3Dで秒間60フレームを実現。滑らかに美麗にグラフィックが描かれます。登場するキャラクターは、総勢41キャラクター。さらにアーケードで好評稼動中の『鉄拳 タッグトーナメント2』に登場している新たな平八のモデル&モーションを3DS版でも採用。携帯機で好きなだけプレイ可能です。

また、3DS版の新要素として、タッチスクリーンを順番にタッチするだけで簡単に空中コンボが繰り出せます。さらにLかRボタンを押しながらY→X→Bとタイミングよくボタンを入力すると、『鉄拳』らしい空中コンボをボタン操作で出せます。他にもタッチスクリーンに好きな技を割り振れば、1タッチで技を繰り出すことが出来ます。

対戦プレイはワイヤレス通信を使ったローカルプレイと、インターネット通信を利用してオンライン対戦が楽しめます。

すれちがいち通信にも対応。ゲーム中集めた歴代『鉄拳』シリーズのCGイラストを3Dカード化した「鉄拳カード」が700枚以上登場。これを他のプレイヤーと交換することができます。

任天堂ハードでは『鉄拳アドバンス』以来、久々の登場となる『TEKKEN 3D PRIME EDITION』。ぜひチェックしてみてください。

『TEKKEN 3D PRIME EDITION』は、2012年2月16日発売で価格は5,800円(税込)です。

(C)NAMCO BANDAI Games.Inc
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 竜の姿で“最上級のおもてなし”?『遊戯王 マスターデュエル』で採用率の高い「ドラゴンメイド」テーマを解説

    竜の姿で“最上級のおもてなし”?『遊戯王 マスターデュエル』で採用率の高い「ドラゴンメイド」テーマを解説

  2. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』“御三家”最終進化にも「ヒスイのすがた」が!? ファイナルPVに一瞬映る、謎のシルエット

    『ポケモンレジェンズ アルセウス』“御三家”最終進化にも「ヒスイのすがた」が!? ファイナルPVに一瞬映る、謎のシルエット

  3. 『ポケモン ダイパリメイク』で宝くじ並みのミラクルが発生!海外ストリーマーの配信に現れたのは…

    『ポケモン ダイパリメイク』で宝くじ並みのミラクルが発生!海外ストリーマーの配信に現れたのは…

  4. 『遊戯王 マスターデュエル』を騒がせる「エルドリッチ」って何!?“黄金卿”人気の秘密を解説

  5. はじめしゃちょーが『遊戯王 マスターデュエル』で最高ランクに到達!「たくさんデュエルできてマジで最高過ぎる!」

  6. 『Apex Legends』オクタン、ワットソン、ヴァルキリーが貰える!3周年ログインキャンペーン開催決定

  7. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』新ポケモン&「ヒスイのすがた」まとめー新たな出会いが君を待つ

  8. 『ポケモン』ヒスイ地方は“ヤバすぎる大地”! 目が赤く光ったヘラクロスにボコられて泣いた「レジェンズ アルセウス」先行プレイレポ

  9. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』“あの技”の仕様変更が発覚!?「ヒスイ地方」ではこれまでの常識が通用しない可能性も…

  10. 『ポケモン』世界の食事事情ってどうなってるの?みんな菜食主義者なのか、それとも…

アクセスランキングをもっと見る