人生にゲームをプラスするメディア

カプコンが世界各地で謎のバイラル広告を展開、『バイオ』関連か

その他 全般

世界各地で謎のバイラル広告が展開、仕掛け人はカプコンか
  • 世界各地で謎のバイラル広告が展開、仕掛け人はカプコンか
  • 世界各地で謎のバイラル広告が展開、仕掛け人はカプコンか
  • 世界各地で謎のバイラル広告が展開、仕掛け人はカプコンか
  • 世界各地で謎のバイラル広告が展開、仕掛け人はカプコンか
  • 世界各地で謎のバイラル広告が展開、仕掛け人はカプコンか
海外サイトの調査により、カプコンが謎のバイラルキャンペーンを展開していることが分かったそうです。

最初に情報が見つかったのは“There's No Hope Left”と名付けられたブログ。ここでは東京、ロンドン、サンパウロ、ヨハネスブルグ、中国などの世界各地で撮影された“No Hope Left(希望は残されていない)”のメッセージや、何者かに襲われて助けを求める中国人女性の動画を投稿。

“No Hope Left”のロゴにはバイオハザードのシンボルが組み込まれており、「2012年1月19日14時PST」という何らかの発表が行われる日時が同時に記載。

このNoHopeLeft.comをWHOIS検索にかけたところ、『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』公式バイラルサイトの所有者と一致するIdentity Protection ServiceやWEBFUSION LTDという名前が浮上。さらに、海外サイトTheSixthAxisがロンドンで見つかった看板広告の管理会社に“No Hope Left”の広告主が誰なのかを問い合わせると、「カプコンによるもの」と回答があったそうです。



尚、カプコンは日本時間で2012年1月20日19時より「バイオハザード生誕15周年記念のプレミアムパーティ」を開催予定で、今回のバイラルキャンペーンで告知されている日時とほぼ一致しています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

    『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  3. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  4. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  5. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  6. 「エドモンド本田」のフィギュアが登場、百烈張り手が光って唸る!

  7. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 春麗が「オニツカタイガー」とコラボ! 百烈脚もより強力に?

  10. ファイナルファンタジー世界への旅行を計画!?『#FF旅企画展@新宿』が開催中

アクセスランキングをもっと見る