人生にゲームをプラスするメディア

ハイラル王家の紋章がまぶしい!「ニンテンドー3DS ゼルダの伝説25周年エディション」を開封してみた

「ニンテンドー3DS ゼルダの伝説25周年エディション」が届いたので早速開封してみました。

任天堂 3DS
パッケージ 表
  • パッケージ 表
  • ニンテンドーDS Lite
  • パッケージ裏
  • 中身
  • 取り出す瞬間が一番ドキドキします
  • ハイラル王家の紋章がまぶしい
  • よく見るとオカリナとハープのイラストも
  • ゲームボーイアドバンスSP
「ニンテンドー3DS ゼルダの伝説25周年エディション」が届いたので早速開封してみました。

1986年2月21日、ファミコンディスクシステムと同時に発売されたのが『ゼルダの伝説』です。発売から25周年を迎え、『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』の発売を皮切りに、全世界でオーケストラの開催(抽選販売)、『うごくメモ帳』を利用した漫画コンテスト、オリジナルニンテンドープリペイドカード(3種)の発売、DSiウェアで蘇った『ゼルダの伝説 4つの剣 25周年エディション』の無料配信、そして5年の歳月を掛けて完成したWiiモーションプラス専用ソフト『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』の発売。他には「ゼルダの伝説トランプ」なんてアイテムも発売されました。

実に色々なことが行われた「ゼルダの伝説 25周年キャンペーン」ですが、その節目ともいえるのがコレ「ニンテンドー3DS ゼルダの伝説25周年エディション」です。

海外では日本より早く発売されていましたが、『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』を同梱しての展開でした。日本では任天堂オンライン販売専売と言う形で本体のみ単品販売。発売開始早々から完売してしまい、再販が行われた日も即完売となってしまいました。

コスモブラックをベースに、『ゼルダの伝説』に登場するトライフォースをイメージした金色装飾を盛り込んだ、クールでカッコイイデザインに。蓋部分にはハイラル王家の紋章が中心に、上下左右四隅にはオカリナとハープが描かれています。

よく見るとボタンや3Dボリュームなどが金色に装飾されていて、特別モデルであることが改めて感じますね。

なお、余談になりますが任天堂が『ゼルダの伝説』限定モデルの携帯ゲーム機を発売するのはこれで3度目。過去にゲームボーイアドバンスSPに『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』を同梱した欧州で発売、ニンテンドーDS Liteに『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』を同梱して北米で発売。日本における『ゼルダの伝説』限定モデルの本体が発売されるのは今回が初。満を持して発売されたワケです。

しかし、販売数が十分に用意されていなく、再販時もすぐ終了してしまったのが残念です。ただ再販の予定はあるようなので、欲しい人は豆に任天堂オンライン販売サイトのチェックを。

「ニンテンドー3DS ゼルダの伝説25周年エディション」は、任天堂オンライン販売専売で価格は1万5000円(税込)+送料(税込)です。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』あなたはどのブキが好き? 最終戦の結果発表! 勝ったのはスプラローラー【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』あなたはどのブキが好き? 最終戦の結果発表! 勝ったのはスプラローラー【読者アンケート】

  2. スイッチ『限界凸記 モエロクロニクル H』発売決定―HD画質/振動への対応で、よりH(ハイパー)にモンスター娘を堪能!

    スイッチ『限界凸記 モエロクロニクル H』発売決定―HD画質/振動への対応で、よりH(ハイパー)にモンスター娘を堪能!

  3. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. 『BLADE ARCUS Rebellion from Shining』WebCMが公開―新参戦キャラクターたちの戦闘シーンにも注目

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る