人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』は硬派なシミュレーション、部隊編成や武器換装がカギ

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』は、ホワイトベースを物語の中心として、一年戦争の正史の原作ストーリーを追体験できるゲームです。一年戦争の数々の名シーンがCGムービーで再現されています。第13独立部隊を勝利に導いてください。

今回は、小隊、索敵、支援、乗組員の編成、武器換装、護衛の概念など、システム詳細が判明しました。

ゲームでは小隊は最大3機までセット可能で、編成の仕方によって小隊の使用できるAIコマンドが変わってきます。複数の小隊を運用していくことになるので、攻撃型の小隊、援護型の小隊、拠点制圧用の小隊など様々な小隊を編成し、最強の部隊を作りましょう。

編成は小隊だけでなく、索敵機や支援機、ホワイトベースの乗組員なども行えます。索敵機編成では最大3機の索敵部隊を編成でき、編成によって索敵範囲も異なってきます。支援機編成では最大5機まで編成可能、セットした部隊を局地戦時に呼び出すことができます。乗組員編成では乗組員のレベルを上げることができ、レベルによって耐久性や攻撃力などがアップします。

小隊の編成によってAIコマンドが変わるため、たとえば援護系、拠点制圧系の小隊編成ならば「ハイパー・バズーカ」や「ビーム・ライフル」といった射撃系の武装、攻撃力重視なら「ガンダムハンマー」など、小隊の編成、AIコマンドによって武装を換装するのも戦術1つです。ガンダム系はその武装の多さが汎用性の高さを証明しています。

また、出撃時に場所ではなくユニットを選択した場合、そのユニットの周辺に自動で随伴するシステムである護衛を利用すれば、随伴対象を移動させるだけで自動で護衛のユニットも移動するため1小隊それぞれに移動の命令を与える必要がなくなり、よりスムーズにプレイすることができます。さらに、小隊を小隊で護衛した場合、局地戦モードの支援で間接攻撃で援護することができる場合があります。援護を目的とした護衛小隊を編成するのも戦略の1つでしょう。

なお、ステージ1「始動!V作戦」では、初期配置にプロトタイプガンダムが配備されています。ガンダムが起動するまでは貴重な戦力ではありますが、ここで撃墜されてしまうと、その後のステージでは使用できなくなってしまうので気を付けましょう。

『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』は、2012年1月26日に発売予定で価格は6,280円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
《池本淳》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

    【吉田輝和のVR絵日記】フロム新作は時間停止系ADV?『Deracine』謎解きスルーでセクハラするおじさん

  2. PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

    PS4版『PUBG』が海外向けに正式発表!『アンチャ』『ラスアス』コラボスキンも【UPDATE】

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』噂検証シリーズ第4弾!ピストルでNPCの頭を爆破できる?

    『レッド・デッド・リデンプション2』噂検証シリーズ第4弾!ピストルでNPCの頭を爆破できる?

  4. 『Call of Duty: Black Ops 4』シリーズおなじみの「Nuketown」が国内PS4向けに配信開始

  5. 「PS Plus」11月はフリプにPS4『BEYOND: Two Souls』『Bulletstorm: Full Clip Edition』など―配信コンテンツ先行紹介

  6. 『Marvel's Spider-Man』DLC第2弾「王座を継ぐ者」11月20日配信―海外ティーザー映像

  7. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 『ディシディア FF NT』が基本プレイ無料版として配信決定!バトルに特化したアイテム課金制(キャラ恒常使用権など)を採用

  10. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る