人生にゲームをプラスするメディア

『忍道2 散華』独自の「ハラキリエンジン」とは、物語も変化

ソニー PSV

アクワイアは、12月17日発売のPlayStation Vitaソフト『忍道2 散華』の独自システム「ハラキリエンジン」に関する情報を公開しました。

『忍道2 散華』は「血祀殺法」を駆使して敵をし止めていく「忍者ステルスアクション」。舞台となる宇高多の地には一条信輝、風天寅三郎久秀、季判といった大名が争いを起こしています。

「ハラキリエンジン」は、宇高多の3勢力に対し、プレイヤーが自由に介入することで情勢が変化し、プレイヤーごとに異なる展開が楽しめる独自のシステム。プレイヤーの進め方により物語はマルチに展開し、復讐の物語の結末も変化するとのこと。

また、主人公に届けられる任務は“一条が風天の兵糧を奪ったら風天が兵糧の泥棒任務を依頼”、“風天が奥義書を手に入れそうなときに季判が奥義書の強奪任務を依頼”といった具合に、3勢力の戦況が絡み合って発布されるといいます。

さらにその任務には暗殺、全滅、決闘、偵察、護衛、輸送、泥棒、誘拐、救出など、さまざまなバリエーションが用意されており、こうした任務をこなし主人公をレベルアップさせることで、主人公を自分好みに強化できるとのことです。

『忍道2 散華』は12月17日発売。価格はパッケージ版が6,090円(税込)、ダウンロード版が4,900円(税込)です。

(C)Spike/ACQUIRE All Rights Reserved.
《D》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

    【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

  2. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

    カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  3. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

    日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  4. 『ドラゴンボール ファイターズ』アニメの名シーンを彷彿させる、大迫力なテレビCMを公開

  5. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  6. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

  7. PSVR 『MONSTER OF THE DEEP: FFXV』配信開始―最新トレイラーも公開!

  8. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  9. 『ストリートファイターV アーケードエディション』新バトルスタイル「VトリガーII」の動画が公開

  10. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

アクセスランキングをもっと見る