人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、カナダ・モントリオールの開発規模を拡大 ― 2012年に新開発スタジオ開設

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、カナダ・モントリオールでの開発規模を拡大すると発表しました。

ゲームビジネス 開発
スクウェア・エニックス ロゴ
  • スクウェア・エニックス ロゴ
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、カナダ・モントリオールでの開発規模を拡大すると発表しました。

2007年に開設された既存スタジオ「アイドス・モントリオール」は、累計200万本を超える出荷を達成した初タイトル『DEUS EX: HUMAN REVOLUTION』により、高品質のゲーム開発スタジオとして世界的な評価を確立。新たに100名のゲーム開発者を雇用し、現在開発中の主要タイトル「DEUS EX」「THIEF」に続く第3のプロジェクトに取り組みます。

また、スクウェア・エニックス モントリオールにおいても、新規開発者150名を雇用。2012年中に、モントリオール第2のスタジオとして開設します。新スタジオのジェネラル・マネージャー(GM)には、リー・シングルトンが就任。スクウェア・エニックス ロンドンスタジオの現GMであり、スタジオ経営やゲーム開発の両面に20年以上の経験を有しています。

スクウェア・エニックス モントリオールは、同スタジオの最初のプロジェクトとして『HITMAN』シリーズの新作に取り組む予定です。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  2. RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

    RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. VRとリアルの垣根を越えた「第2回アルテマ音楽祭」が6月13~14日に開催─ミュージシャン30名以上が出演!

  5. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  6. 田中社長「圧力はまだ続いているのではないか」・・・グリーとKDDIがDeNAを提訴(2)

  7. Unity、個人・小規模開発者向けのモバイル機能を完全無償化 ― 追加コストなしで利用可能に

  8. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  9. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  10. 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』製品版からカットされた複数のステージと行方不明のプロトタイプにまつわる感慨深い回顧録

アクセスランキングをもっと見る