人生にゲームをプラスするメディア

『WWE'12』苦痛を呼ぶ男「ブロック・レスナー」が登場

THQジャパンは、プレイステーション3ソフト『WWE'12』にブロック・レスナーが登場することを明らかにしました。

ソニー PS3
WWE'12
  • WWE'12
THQジャパンは、プレイステーション3ソフト『WWE'12』にブロック・レスナーが登場することを明らかにしました。

『WWE'12』は、全世界での出荷数5000万本を誇る『WWE』ゲームシリーズの最新作です。「プレデターテクノロジー」が生み出すビジュアルとゲーム操作感覚、新カメラシステムによる、まるでTV中継を見ているかのような演出が特徴です。

今回、登場することが発表されたのは「苦痛を呼ぶ男」として知られるブロック・レスナー。史上最年少でWWE統一王座に輝き、世界中を興奮の渦に巻き込み、スポーツエンタテインメントと総合格闘技の2つの世界で頂点に立った男として知られています。



同社はこのブロック・レスナーが自らコメントを寄せた「登場予告ムービー」を公開しています。

「圧倒的に危険なほど進化した」というブロック・レスナーの姿をぜひ。

『WWE'12』は、2012年1月26日発売予定で価格は7,140円(税込)です。

All WWE programming, talent names, images, likenesses, slogans, wrestling moves, trademarks, logos and copyrights are the exclusive property of WWE and its subsidiaries. All other trademarks, logos and copyrights are the property of their respective owners. c 2011 WWE. All Rights Reserved.
(C) 2011 THQ Inc. Used under exclusive license by THQ Inc. Developed by YUKE’S Co., Ltd. YUKE’S Co., Ltd. and its logo are trademarks and/or registered trademarks of YUKE’S Co., Ltd. THQ and the THQ logo are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.
《D》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

    PS Storeにて最大90%オフの「BLACK FRIDAYセール」が実施!『CoD:BO4』など150タイトル以上が対象

  2. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

    『モンハン:ワールド』アステラ祭【煌めきの宴】が11月30日より開催決定!受付嬢もモフモフコートに衣装チェンジ

  3. 『FFXIV』最新拡張「漆黒のヴィランズ」が2019年初夏に発売! 次回アップデートでは新ジョブ「青魔道士」を実装

    『FFXIV』最新拡張「漆黒のヴィランズ」が2019年初夏に発売! 次回アップデートでは新ジョブ「青魔道士」を実装

  4. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”ゼノ・ジーヴァ登場のクエストが11月16日より開催決定!重ね着装備「【シーカー】衣装」も入手可能

  5. 『キングダムハーツIII』ソラたちを待ち受ける4ワールドの詳細情報が公開―「100エーカーの森」のキーブレードは辺り一面を蜂蜜まみれに!

  6. SIE担当者「来年のE3不参加は事実。同時期にイベントを行う予定はなし」

  7. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  8. 『キングダム ハーツIII』「ベイマックス」メインの映像が初公開!シリーズを振り返るVRミュージックビデオの情報も【UPDATE】

  9. 『ジャストコーズ4』試遊レポ― 自然の驚異も追加され、カオス度さらにパワーアップ!

  10. 発売直前『シェンムー I&II』詳細なゲーム内容が公開―あの名作をもう一度

アクセスランキングをもっと見る