人生にゲームをプラスするメディア

『戦国BASARA3 宴』、前作『3』のプレイヤー武将16人も全員パワーアップ

カプコンは、Wii/PS3ソフト『戦国BASARA3 宴』の最新情報を公開しました。

任天堂 Wii
カプコンは、Wii/PS3ソフト『戦国BASARA3 宴』の最新情報を公開しました。

『戦国BASARA3 宴』は、天下分け目の関ヶ原へと繋がる物語を描いた『戦国BASARA3』と世界観を同じくした豪華新作です。タイトルに「宴(うたげ)」とある通り、本作のテーマは「ドラマ&パーリィー」となっています。

新たに14人のプレイヤー武将が登場する本作ですが、前作『戦国BASARA3』に登場した武将16人も新固有技などでパワーアップを遂げています。

■徳川家康
固有技や固有奥義の最中に、固有技1のボタンを長押しすることで、技終了後に最大LVの次の固有技・固有奥義が発動するようになりました。また、「東風の乱舞(こちのらんぶ)」が、ジャンプ中、どの高さでも発動するようになっています。

■石田三成
「抜刀斬り(ばっとうぎり)」が追加されました。高速で踏み込みつつ、体の回転力を利用した水平の斬撃を放ちます。また、通常技ボタンを長押しすることで「刹那」が発動。「斬首(ざんしゅ)」、「恐惶(きょうこう)」から、ボタンを長押しすることで「刹那」が発動するようになりました。
※「恐惶」は、通常攻撃と固有技1のフィニッシュ時に可能。

■大谷吉継
「爆ぜるな計都(はぜるなけいと)」と「散るな天河(ちるなてんが)」がジャンプ中にも発動可能になり、技の最中に移動が可能になりました。また、固有奥義全て、ジャンプ中の発動可能になっています。

■雑賀孫市
「連弾 サンコウチョウ」ジャンプ中に発動すると、武器がマシンガンに切り替わり、空中攻撃になります。また、武器がマシンガンの状態で、ジャンプ中に通常技ボタンを長押しすれば、空中攻撃の滞空時間が長くなります。

■黒田官兵衛
「災い転じて」がジャンプ中でも発動可能になりました。

■鶴姫
固有技「涅槃の打ち弓」が追加されました。一回転しながら、弓で敵を打ちつける近接攻撃。敵を遠くに飛ばすので、間合いを仕切り直したいときに特に有効です。

■伊達政宗
固有技「PHANTOM DIVE」が追加されました。目の前を三本の刀で薙ぎ払い、さらに空中からの斬り下ろしを放ち、地面に三叉の衝撃波が走ります。もちろん、六爪流の状態では技が大幅に強化されます。また、「MAGNUM STEP」が空中でも発動可能になりました。

■真田幸村
「虎炎(こえん)」が空中でも発動可能になりました。ボタンを長押しすることで威力がアップします。また、空中での「烈火」から連打を続けて、地上に着いてから「大烈火」に繋がるようになった。

■前田慶次
固有技「斜恋慕」が追加されました。下から斜め上方へ、前方を広く斬り上げる豪快な技です。どの技の後に出すかで、左右どちらから斬り上げるかが変わります。

■長曾我部元親
固有技「五羅」が追加されました。殴りつけた敵を挑発し、遠くへ蹴り飛ばす技です。挑発している分、バサラゲージも回復するのが特徴となっています。

■毛利元就
ボタンを長押しすると矢の発射速度が上がる命じ手「射」が、ボタンを放したあとも続くようになりました。また、ボタン長押し時に弾き手「壁」の壁に当てると反射せず、加速して直進するようになりました。
※加速して直進している矢が2枚目の「壁」に当たると従来通り反射します。

■島津義弘
「示現流 天雷」の被ダメージ増加が無くなり、効果時間が増加しました。また、再度ボタンを押すことで技を解除できるようになっています。

■本多忠勝
固有技「旋突機動」が追加されました。強力な突き上げの後、槍を高速回転させて敵を巻き込みます。ボタンを押し続ければ回転も継続され、敵の体力をどんどん削り続けます。

■風魔小太郎
「嵐(らん)」の発動できるタイミングが増え、「跳」、「散」、「封」後に□ボタン連打で発動できるようになりました。

■お市
固有技「時雨れ緋の汐」が追加されました。通常技8連続攻撃中いつでもボタンの長押しで地面から無数の魔の手が出現し敵を執拗に襲います。連続技に組み入れ、攻撃の幅を広げましょう。また「掴め虚の月」が空中でも発動可能になりました。

■織田信長
「睡覚スル六魔」空中でモードチェンジができるようになりました。

前作からの16人と今作からの14人、述べ30人のプレイヤー武将が入り乱れる本作。あなたはどの武将を使って「パーリィー」しますか?

『戦国BASARA3 宴』は11月10日発売予定。価格はWii版が4,990円(税込)、PS3版が5,800円(税込)です。

(C) CAPCOM CO., LTD. 2011 ALL RIGHTS RESERVED.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

    『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  7. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  8. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  9. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  10. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

アクセスランキングをもっと見る