人生にゲームをプラスするメディア

「横浜DeNAベイスターズ」誕生へ・・・DeNAとTBSが正式合意

ゲームビジネス その他

 
  •  
ディー・エヌ・エーとTBSホールディングス及びBS-TBSは、TBSが保有する横浜ベイスターズの発行済株式の66.92%をディー・エヌ・エーが取得することで正式に合意。本日付で日本プロフェッショナル野球組織(NPB)へ球団名「横浜DeNAベイスターズ」で加盟申請を行ったと発表しました。

買収金額は65億円。これに加えてNPBへの保証金等が30億円で合計95億円となる見通し。

TBSホールディングスは引き続き2.31%の株式を保有し、球団運営に協力するほか、ニッポン放送は引き続き30.77%の株式を保有します。

ディー・エヌ・エーではNPBの承認に向けての動きと並行で、チーム作りの検討を開始。GMと監督の人選を行なっているとしています。監督候補には佐々木主浩氏、古田敦也氏、野茂英雄氏といった名前が報道されています。オーナーにはディー・エヌ・エーの春田真会長が就任する見通し。

「横浜DeNAベイスターズ」という球団名に関しては「地域との親和性を勘案し、従来の横浜ベイスターズファンからも引き続き親しみを持っていただけることを重視し、かつ、DeNAの事業との連携によりファン獲得を積極的に推進することを目指した」と説明しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 【NDC17】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  5. 「モーションポートレート」で表情豊かに・・・コンパイルハート『アガレスト戦記ZERO』インタビュー

  6. 『Project Awakening』発売日や開発チームは?現時点の情報まとめ

  7. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  10. 任天堂、ロシアに現地法人を設立・・・市場は成長中

アクセスランキングをもっと見る