人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、家庭用ゲームも黒字転換・・・第2四半期業績

バンダイナムコホールディングスは平成24年3月期 第2四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高1942億4100万円(前年同期比+11.9%)、営業利益157億5700万円(+211%)、経常利益159億7700万円(+219.2%)、純利益80億2600万円(-)。

ゲームビジネス その他
バンダイナムコホールディングスは平成24年3月期 第2四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高1942億4100万円(前年同期比+11.9%)、営業利益157億5700万円(+211%)、経常利益159億7700万円(+219.2%)、純利益80億2600万円(-)。

前期赤字だったゲーム(コンテンツ事業)は家庭用で『テイルズ オブ エクシリア』(PS3)や『AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・』(PSP)などが好調に推移し、業務用では景品機器のリピート販売や景品の販売が好調。また、ソーシャルゲームでも『ガンダムロワイヤル』を中心に好調でした。売上高は867億1100万円、セグメント利益は53億6900万円となりました。

トイホビー事業は「海賊戦隊ゴーカイジャー」や「仮面ライダーフォーゼ」の玩具やネットワーク連動カードゲームの「プロ野球オーナーズリーグ」が貢献しました。トイホビー事業は売上高816億2700万円、セグメント利益は89億8600万円でした。

アミューズメント施設事業でも既存店売上が103.3%となるなど堅調に推移し、海外も欧米では売上が減少したものの店舗の選択と集中で利益は順調でした。売上高313億0600万円、セグメント利益18億9100万円とのこと。

通期の業績予想は売上高4200億円、営業利益250億円、経常利益260億円、純利益150億円で変更していません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

    ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  6. VRミステリーADV『東京クロノス』TGS 2018への出展が決定─石川由依さん、木戸衣吹さんが出演するステージイベントも開催

  7. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  8. 古き良き、田舎の鉄道風景へ飛び込む…ウォーキングシム『NOSTALGIC TRAIN』クラウドファンディングを実施中

  9. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る