人生にゲームをプラスするメディア

移動式の独立プログラムキーを搭載するゲーミングキーボード&マウス

その他 全般

ゲーミングキーボード「DN-DK1000」
  • ゲーミングキーボード「DN-DK1000」
  • 移動式プログラムキーと独立式テンキー
  • プログラムキーの移動イメージ(移動前)
  • プログラムキーの移動イメージ(移動後)
  • ゲーミングマウス「DN-DM1001UL」
  • 6ボタンの設定イメージ
  • 5gの重り
  • 重りを配置するイメージ
 上海問屋は、ゲーム向けキーボード「DN-DK1000」とマウス「DN-DM1001UL」を販売開始した。価格は、「DN-DK1000」が6,999円、「DN-DM1001UL」が2,499円。

 ゲーミングキーボード「DN-DK1000」は、独立したプログラムキーに任意の操作を割り振れるほか、独立プログラムキー以外のキーにも操作設定可能。独立プログラムキーは本体上部でスライドさせて移動配置することができる。また、テンキーパッドはUSB接続の独立式となっており、本体の左右に付け替えることができる。

 チェリー製黒軸キーを採用し、インターフェースはUSB、対応OSはWindows XP以降、本体サイズは幅57×高さ6.5×奥行き22.5cm、重さは約1.461kg。付属のドライバソフトは中国語版で、同梱の用紙に記載のURLから英語版をダウンロードすることができる。

 ゲーミングマウス「DN-DM1001UL」は、5gの重りを6個内蔵し、重りの配置を変えることで自分に合った重さ・バランスに調整可能。6ボタン式で、付属のソフトをインストールすることで各ボタンを自由に設定・カスタマイズすることができる。

 DPIは800/2,000/5,000、インターフェースはUSB、対応OSはWindows XP以降、本体サイズは幅73.14×高さ46.67×奥行き124.6mm、重さは約169g。
《加藤@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『SIREN』制作チームの完全監修による新たな絶望…漫画版 「SIREN ReBIRTH」が3月2日より連載開始

    『SIREN』制作チームの完全監修による新たな絶望…漫画版 「SIREN ReBIRTH」が3月2日より連載開始

  2. 俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

    俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

  3. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』拠点にいるアイルーたちを観察、『北斗が如く』でかいババアにも会える体験版をプレイ、『艦これ』凍結されていた公式Twitterが復旧…など(2/22)

  4. 『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る