人生にゲームをプラスするメディア

15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』

ソニー PSP

15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
角川ゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』を12月22日に発売すると発表しました。

同名のライトノベルを原作とし、テレビアニメ化も果たした「いつか天魔の黒ウサギ」がPSPに登場です。15分に7回殺されないと死なない主人公・鉄大兎による、宮阪高校での生徒会活動がテーマとなっています。

1年間の生徒会活動で、次元の裂け目「道程」から現れる魔物との戦闘や、学校行事の運営などをこなして、仲間と楽しい学園生活を送りましょう。

敵との戦いは、「15分間に7回」まで復活できるという能力を活かしたアクションバトルです。広域拡散・一点集中・連鎖攻撃など、様々な能力を持ったキャラクターたちと協力し、魔法や技を駆使して魔物を撃退します。無事倒せれば、仲間の信頼度もUPします。

各月ごとに学校で開催されるイベントも、春は身体測定や体育祭、夏はプール開き、秋には球技大会、冬には初詣や羽根突きなど様々です。生徒会メンバーたちとのコミュニケーション次第で、それぞれのイベントの方向性は大きく変わっていきます。

そしてゲームを通して大きな特徴となっているのが、「ムードチャート」と呼ばれるシステムです。プレイ中の行動結果に応じて、画面右上のチャートの値が変化。値には「ドキドキ」「シリアス」「ユニーク」の3種類があり、学校行事の方向性やエンディングに影響を与えるということです。



そんな本作のプロモーションビデオも公開されています。ぜひご覧ください。

『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』は12月22日発売予定。価格は通常版が6,090円(税込)、初回限定版が8,190円(税込)です。

(C)2011 鏡貴也・榎宮祐/富士見書房/宮阪高校生徒会
(C)鏡貴也・榎宮祐/角川書店
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

    『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

  2. 「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

    「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

  3. 「シュガー・ラッシュ」のラルフも登場!『キングダムハーツIII』最新プレイ映像

    「シュガー・ラッシュ」のラルフも登場!『キングダムハーツIII』最新プレイ映像

  4. PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』発売日決定!―豪華グッズが入った限定版も

  5. 『モンハン:ワールド』「絆を深めよう! 粉塵セット」が配信中―5月25日からは「マム・タロト」も再登場!

  6. 連撃アクション『うたわれるもの斬』9月27日に発売決定! 特報PVもお披露目

  7. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  8. 『ダークソウル リマスタード』ネットワークテストに参加―グラフィック向上はもちろん、細かな改善に注目

  9. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

  10. 『ニーア オートマタ』発売1周年記念―ストーリーもキャラもバトルもBGMもいくらでも語り合いたい座談会【ネタバレあり】

アクセスランキングをもっと見る