人生にゲームをプラスするメディア

15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』

ソニー PSP

15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
  • 15分に7回死ねる主人公の生徒会活動を描く『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』
角川ゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』を12月22日に発売すると発表しました。

同名のライトノベルを原作とし、テレビアニメ化も果たした「いつか天魔の黒ウサギ」がPSPに登場です。15分に7回殺されないと死なない主人公・鉄大兎による、宮阪高校での生徒会活動がテーマとなっています。

1年間の生徒会活動で、次元の裂け目「道程」から現れる魔物との戦闘や、学校行事の運営などをこなして、仲間と楽しい学園生活を送りましょう。

敵との戦いは、「15分間に7回」まで復活できるという能力を活かしたアクションバトルです。広域拡散・一点集中・連鎖攻撃など、様々な能力を持ったキャラクターたちと協力し、魔法や技を駆使して魔物を撃退します。無事倒せれば、仲間の信頼度もUPします。

各月ごとに学校で開催されるイベントも、春は身体測定や体育祭、夏はプール開き、秋には球技大会、冬には初詣や羽根突きなど様々です。生徒会メンバーたちとのコミュニケーション次第で、それぞれのイベントの方向性は大きく変わっていきます。

そしてゲームを通して大きな特徴となっているのが、「ムードチャート」と呼ばれるシステムです。プレイ中の行動結果に応じて、画面右上のチャートの値が変化。値には「ドキドキ」「シリアス」「ユニーク」の3種類があり、学校行事の方向性やエンディングに影響を与えるということです。



そんな本作のプロモーションビデオも公開されています。ぜひご覧ください。

『いつか天魔の黒ウサギ ポータブル』は12月22日発売予定。価格は通常版が6,090円(税込)、初回限定版が8,190円(税込)です。

(C)2011 鏡貴也・榎宮祐/富士見書房/宮阪高校生徒会
(C)鏡貴也・榎宮祐/角川書店
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  2. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  3. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

    『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  4. 【特集】話題のホラーゲーム『夜廻』開発者を直撃 ― ところが関係者が失踪、消えた彼らを探しに夜の街へ…

  5. 『地球防衛軍5』レンジャー&ウイングダイバーの武器情報が公開

  6. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  7. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  8. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』の「New Game+」が8月中に海外配信! 無料アップデートで追加

  9. 【インタビュー】『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』浅田プロデューサーに開発状況や変更点、そして新要素を訊いた

  10. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

アクセスランキングをもっと見る