人生にゲームをプラスするメディア

次世代ゲーム機、「ソニーはマイクロソフトに先行を許さない」アナリスト語る

ソニー PS3

業界紙のDevelopが昨日付で、ソニーやマイクロソフトが次世代ゲーム機を2013年もしくは2014年にも立ち上げると報じた件で、投資会社Robert W. BairdのアナリストColin Sebastian氏は「ソニーはマイクロソフトに先行を許さない」とコメントしています。

現行世代ではマイクロソフトのXbox360が2005年12月、ソニーのプレイステーション3が2006年11月(いずれも日本国内)の発売であり、マイクロソフトは約1年間のリードがあったことになります。このリードにより依然としてXbox360がPS3をリードしている地域もあり、次に同様のミスを犯すことはないという主張です。

「私の見立ててでは、両社とも2013年を狙ってくるでしょう。我々はソニーは早ければ2013年にもプレイステーション4を投入すると考えています。最もあり得るシナリオは2014年ですが。また、両社とも現行世代に対する投資はまだまだ必要です」

ゲーム機の発売時期はライバルよりも早い事に越した事はありません。しかし、どれだけのタイトルを準備できるかも非常に重要な要素です。現行世代のハイエンド、いわゆるトリプルエーと呼ばれるようなタイトルであれば2~3年の開発期間は一般的です。そう考えれば、今から3年後というのは遠くない未来です。ちなみに任天堂はWiiの後継機を2012年中にリリース予定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  2. 『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

    『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『シェンムー3』gamescom 2018にて新発表を予定! 映像も準備中

  5. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  6. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  7. PS4本体購入で『フォートナイト』限定スキンとV-Bucksがもらえるキャンペーンが8月23日より実施

  8. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  9. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  10. 『鉄拳7』シーズン2アップデートが9月6日に実施! シーズンパス2やアンナ/レイも同時リリース

アクセスランキングをもっと見る