人生にゲームをプラスするメディア

【LEVEL5 WORLD 2011】4人の証人にナルホドくんタジタジ!?『レイトン教授VS逆転裁判』プレイレポ

任天堂 3DS

奇跡の共演で話題を呼ぶニンテンドー3DSソフト『レイトン教授VS逆転裁判』。東京ビッグサイトで行われた「LEVEL5 WORLD 2011」でついにプレイアブル出展ということで、早速プレイしてきました。

■謎の魔法メラミン?
物語はランプとヤギのミルクを手に、暗い夜道を歩く少女のシーンから始まります。そこへ、いかにもタチが悪そうな男が2人。カネほしさに少女を脅し、後ずさりする少女の手からランプが落ちます。そこへ「メラミン!」という謎の言葉が響くと、何が起こったのか2人の男は炎に包まれてしまったのでした。

■ナルホドくんとマヨイちゃんのコンビにホッ
シリアスなムービーが切り替わり、『逆転裁判』シリーズの成歩堂龍一と綾里真宵コンビが登場!シリーズのファンならばこの2人が出てくるだけで思わず顔がほころびます。異世界に飛ばされても、2人の真面目&不思議トークは炸裂。背景は中世ヨーロッパ風でヨロイなどが描かれていますが、テキストの送り感覚や効果音の入りなどは『逆転裁判』シリーズそのものです。

2人は冒頭の少女であるマホーネに殺人罪の弁護を頼まれ早速法廷を立つことに。ナルホドくんはというと、法廷に立つのは『逆転裁判3』ぶりだからドキドキすると汗ダラダラ。こんなの、思わず笑ってしまいます。それを受けてマヨイちゃんは大丈夫だと励ましますが、そのなんとかなるさのやりとりに“体験版だけに”と続けたので、このあたりのトークや演出は体験版だけのようです。

■ご近所さん集めました状態の群衆裁判に打ち勝て!
通常証人は1人づつ、しかし今作の証言台には同時に4人の証人が。森には明かりなどなかったというおじいさん、マホーネが落としたヤギのミルクばかり気にするヤギを抱えたおばさん、悲鳴を聞いたという女性、炎は魔法だと言ってきかない騎士。なんとも個性豊かな証言人ばかりです。

マホーネの罪を立証しようとしているのはイケメン騎士ジーケン・バーンロッド卿。ジーケンはシリアスよりのキャラだからか『逆転裁判』シリーズのキャラデザインに、個性豊かな証言人たちはデフォルメされていて『レイトン教授』シリーズのキャラデザインに近い印象を受けました。

■新要素“といつめる”登場
証言は1人が証言すると右の人へ移り、4人目が証言するまでが1セットとなっています。ひと通り話しを聞いた後、最初のおじいさんを「まった!」でゆさぶると、ヒットするのですがおじいさんの必殺パニック反論でうやむやに。しかし、ここで気になるのが隣のおばさんはおじいさんの発言を聞いて驚き冷や汗を書いているのです。こ、これは気になる・・・、どうしたら進むのかとおじいさんをゆさぶってばかりいたらなんと体験終了!

これで帰るわけにはいかないので2回目、やってきました。


おじいさんをゆさぶったあとひと通り全員の話しを聞くと、やっとマヨイちゃんから“といつめる”の説明が。これを使うことで、証言を聞いて慌てふためいてる人物から新たな証言を引き出せるのです。

やりかたはカンタン。おじいさんをゆさぶり、おばさんが焦ったところで下画面に表示されているおばさんマークをルーペで選択するだけです。

■レイトン&ルークが魔女裁判のカギに?
こうして「ちょっと!」と無事におばさんをゆさぶることができましたが、おばさんったらがらりと証言を変えべらべらと語り始めるじゃないですか!その後、証拠をつきつけたりしていい流れができるのですが、相手側は2人の男が焼け死んだ原因である炎は魔法だといって聞きません。さらには、この裁判は殺人罪を問うものではなくマホーネが魔女かを問う裁判だと告げられます。

次々と展開していく事実にプレイヤーもビックリ。ナルホドくんも同じ心境のようで、この世界では常識が通用しないと思わず頭を抱えてます。プレイヤーはというと悩めるナルホドくんをよそに、もう驚きを通りこしてこの先どうなるのだろうとワクワクのほうが大きくなっていたり。ここでヘッドホンからは『レイトン教授』シリーズのテーマが、、、、そして、扉の向こうに現れたのがレイトン&ルーク!てんやわんやに差す一筋の光。この演出はシビれました。ナルホドくんと同じく異世界から来たというレイトン教授の手には“魔法大全”。これがこの裁判に打ち勝つカギだと言います。法廷に立ったナルホドくんとレイトン教授、2人のシンクロ「意義あり!」で体験版は終了しました。

お互いが異世界から来たということで、『レイトン教授』のノスタルジーな世界と、『逆転裁判』のリアルな世界が中世で見事に混じり合った今作。レイトン教授がもたらした“魔法大全”がどのように裁判に使われるのかに注目が集まります。

(C)LEVEL-5 Inc.
(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、大型アプデをこのブキで乗りこなせ!

    『スプラトゥーン2』Ver.3.0の注目ブキ10選、大型アプデをこのブキで乗りこなせ!

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  5. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『オクトパストラベラー』パッケージデザイン公開! 冒険に挑む主人公8名が彩る

  9. 『スプラトゥーン2』新ブキ4つを一挙追加! 4月25日午前11時に実施

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』オリジナルサウンドトラックが本日4月25日発売!力の入ったPVも公開

アクセスランキングをもっと見る