人生にゲームをプラスするメディア

ニコニコ生放送に飛び入りで堀井雄二氏が登場 ― 「ほとんどはビアンカを選ぶと思っていた」

その他 全般

堀井雄二氏
  • 堀井雄二氏
ドラゴンクエスト誕生25周年を記念して、歴史を振り返る「ドラゴンクエスト展」が10月8日(土)より、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーで開催されます。

開催前日である10月7日は内覧会が開催され、ニコニコ生放送では13時より「誕生25周年記念 ドラゴン​クエスト展 内覧会 生放送」が放送。

番組が開始し、ニコニコ生放送らしいゆるいトークが展開される中『ドラクエV』の話題に。「ビアンカ派」か「フローラ派」かを視聴者を交えて討論している中、画面の端から突如、開会式を終えたばかりの堀井雄二氏が登場しました。MCの志田英邦氏らは突然の出来事に「台本にない展開だ」と驚く中、そのまま堀井雄二氏を交えて『ドラクエV』の話題が続きました。

『ドラクエV』発売当時は「ほとんどの人はビアンカを選ぶと思っていた」とプレイヤーの9割が「ビアンカ」を選ぶであろうと予測していた堀井氏。しかし実際は予測以上に「フローラ」を選ぶ人が多かったことに驚いたそうです。『ドラクエV』のストーリーに関して堀井氏は「選択する苦しみ(によって真剣に考えること)を味わってほしかった」と言います。

また、初期の『ドラクエ』で、プレイヤーが戦闘に敗れた際、王様から「死んでしまうとはなにごとだ」と言われることに対して「(ほとんどペナルティがなく)怒られるだけですぐ次の冒険にいける」「笑えるかなと思って」と、作品の世界を軽くする工夫であったというエピソードを明らかにしました。

同じくゲームの雰囲気を殺伐とさせたくないという理由で、魔物を倒した際の表現を「やっつけた」にしたとのこと。『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観の明るさに対するこだわりを語っていました。

台本になかったサプライズゲストということで、残念なことに堀井氏は数分で退場となってしまいましたが、MCの志田氏は「何を喋れば良いかわからなかった」と興奮した様子で引き続き番組を進行していました。

ちなみに、堀井氏が退場した後に改めて集計されたニコ生アンケートでは、「ビアンカ派」が約75%、「フローラ派」が約25%程度と、堀井氏の予測よりもフローラ派が多いことが実証された形となりました。

会場では鳥山明氏による原画など貴重な資料が展示されているほか、ファミコンとブラウン管テレビで実際に『ドラクエ』を遊ぶことができる体験コーナーなど、さまざまな催し物が出展されています。ぜひ会場に遊びに行って『ドラクエ』の懐かしい思い出を振り返ってみてはいかがでしょうか。

「誕生25周年記念 ドラゴン​クエスト展」は10月8日~12月4日まで、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー(森タワー52階)にて開催されます。入館料は、一般1800円、学生(高・大)1300円、子供(4歳~中学生)800円です。

(C)1986-2011 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

    『ゼルダの伝説 BotW』リンクのアクションフィギュア登場―ソード・弓矢・シーカーストーン等が付属!

  2. 日本一ソフトウェア、新作に関するホラーな360度動画を公開 ─ 夜の神社には不気味な存在が…

    日本一ソフトウェア、新作に関するホラーな360度動画を公開 ─ 夜の神社には不気味な存在が…

  3. ローソンの菓子パンが『スカイリム』のスイート・ロールに似ていると話題に―早速編集部が食レポ!

    ローソンの菓子パンが『スカイリム』のスイート・ロールに似ていると話題に―早速編集部が食レポ!

  4. “プレイヤーの性格を武器にする”3D ACT『Last Standard』に対応したマストドンの新インスタンスが登場

  5. アニメ「けものフレンズ」が舞台化! サーバル役・尾崎由香など、メインキャストは声優陣が担当

  6. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  7. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  8. 新感覚プライズマシン「TRYPOD」が発表―クレーン操作が苦手でもOK!

  9. 「モンスターハンター オーケストラコンサート 狩猟音楽祭2017」大阪・東京で開催決定!

  10. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

アクセスランキングをもっと見る