人生にゲームをプラスするメディア

アンリアル・エンジン3がFlash環境のサポートを開始・・・「Unreal Japan News」第33回

ゲームビジネス その他

Epic GamesはAdobe MAX2011のキーノート講演にて、アンリアル・エンジン3がAdobe Flashベースの環境でも動作するようになったことを明らかにしました。これにより、家庭用ゲーム機向けに開発したものをウェブ上で展開することが更に容易になります。

以下、プレスリリースより。




Epic Games、アンリアル・エンジン3のAdobe Flash Playerサポートを発表

Epic GamesのCEO兼テクニカルディレクター、Tim Sweeneyは、Adobe MAX2011のキーノート講演において、アンリアル・エンジン3がAdobe Flashベースの環境で動作するようになったことを発表しました。講演では、昨日リリースされたAdobe Flash Player11上で、Epic Gamesの大ヒットFPSタイトル「アンリアル・トーナメント3」が稼動している様子が技術デモとして紹介されました。

アンリアル・エンジン3は常に進化を続けており、新たな技術やマルチプラットフォームに向けた最適化の試みを続けています。Flash Player 11は、ハードウェアアクセラレーションとプログラマブル・グラフィックス・パイプラインの実装により、最先端のツールと技術を使ってハイエンドプラットフォーム向けに制作されたトリプルAクラスのゲームコンテンツを稼働させることが可能となりました。

Flash PlayerはソーシャルネットワークやWeb上でのゲーミングのためのキーテクノロジーであり、今回アンリアル・エンジン3が対応したことで、Web上でのゲーム体験をシンプルな2Dだけのものからワールドクラスの3Dゲームへといざなう事になります。新しいハードウェアアクセラレーテッドStage 3D APIにより、Flash Player 11の2Dおよび3Dレンダリング性能はFlash Player 10の1,000倍に高速化します。これにより、開発者は何百万というオブジェクトを秒間60フレームでスムースにアニメーションさせ、家庭用ゲーム機並のクオリティをMac OSやWindows、それらに接続されたテレビ上で実現することが可能になります。

「アンリアル・エンジン3とFlashによって、ハイエンド・コンソール向けに制作されたゲームをWeb上やFacebookのアプリとして動作させること出来ますから、これまで以上に多くのユーザーにリーチすることが可能となります」とTim Sweeneyは語ります。「より多くのユーザーに向けて作品を展開し、マネタイズを図りたいと願っているゲーム開発者にとって、ビジネス環境を根本的に変えてしまう出来事です」

「Epic Gamesがアンリアル・エンジン3をAdobe Flash Player 11に対応させてくれて、非常に嬉しく思っています」とAdobe Gaming Solutionsのグループ・プロダクト・マネージャー Emmy Huangはコメントしています。「Web上のコンソールとして、Flashは魅力的なゲーム体験を数多く提供しています。今回のEpic Gamesの参加により、Flash Playerにハイエンドの素晴らしい3Dゲームが数多く登場することを思うと、とてもワクワクしています」

アンリアル・エンジン3のライセンシーは、トリプルAクラスのゲームをWeb上で展開可能とする今回の新機能を利用できるようになります。アンリアル・エンジン3を利用したFlashプラットフォーム向けのゲーム開発について更なる詳細をご希望の方は、www.unrealengine.comを参照されるか、エピック・ゲームズ・ジャパンまでご連絡ください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  2. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  5. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  6. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  7. 【TGS 2014】驚きと興奮のゲームの世界「センス・オブ・ワンダーナイト」今年も多数の作品が登場

  8. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

  9. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  10. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

アクセスランキングをもっと見る