人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』に"ナルホド"なキャラ参戦!?

カプコンは東京ゲームショウ3日目の17日、PS3/Xbox360そしてPSVitaで発売が決定している『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』のステージイベントを本作のプロデューサーである新妻良太氏を招いて開催しました。

ソニー PS3
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
カプコンは東京ゲームショウ3日目の17日、PS3/Xbox360そしてPSVitaで発売が決定している『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』のステージイベントを本作のプロデューサーである新妻良太氏を招いて開催しました。

まず紹介されたのは「”アルティメットガール”育成プロジェクト」に挑戦する"声優の卵"である古木のぞみさん。これは全く格闘ゲームをやったことのない古木さんが本作に挑戦しながら上達していく様子を伝えるウェブ番組。新妻氏は「格闘ゲームは苦手な人も多いですが、誰でも遊べる事を伝えたい」と話し、古木さんも「今は本当に技も出せないくらいなのですが、選んで頂いたので一生懸命頑張りたいと思います」と意気込みを語っていました。

その後、今回明らかになった新キャラクターの「バージル」と「Iron Fist」が紹介されました。「バージル」は『デビルメイクライ』シリーズの主人公ダンテの兄です。「前作にダンテを登場させてからバージルを出してくれという声が強かったんです。特に昨年のゲームショウでは強い要望を貰って、それが後押ししました」(新妻氏)とのこと。華麗な技を決める様子には会場に集まった女性ファンの歓声が聞かれました。声は平田広明さんが務め、日本語ボイスも収録されるとのこと。一方の「Iron Fist」はマーブルのキャラクターで「マーブルキャラにしては珍しい肉弾攻撃が中心のキャラで、テクニカルに打撃で遊ぶキャラになる」とのこと。

ステージ後半ではバトルディレクターの石澤英敏氏が登場。本作のバトルに精通している石澤氏と会場から選ばれた参加者の対決が行われました。お互いに新キャラを使ったバトルでしたが、手を挙げた参加者はさすがの実力で、なんと石澤氏を打ち破り、景品として米国のComin-Conで本作を発表した際に用意したTシャツがプレゼントされました。

最後に新妻氏からサプライズが。まだ残り4つの新キャラが用意されているという本作に、某裁判ゲームの"ナルホド"なキャラが登場することが明かされました。新妻氏によれば「"ナルホド"なキャラは格闘をしません。小パンチは、資料を突きつけるような動作で、下段パンチは地面に何か転がってないか調べるような動作で、気づかないうちに攻撃になっているというようなキャラです」とのこと。正式発表が待ち遠しいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  3. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る