人生にゲームをプラスするメディア

シドニー発のアーケード用対戦格闘ゲーム『カオスコード』8月4日より稼働開始

アークシステムワークスは、アーケード用対戦格闘ゲーム『カオスコード』を8月4日より稼働開始することを発表しました。

その他 アーケード
カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
  • カオスコード
アークシステムワークスは、アーケード用対戦格闘ゲーム『カオスコード』を8月4日より稼働開始することを発表しました。

『カオスコード』は、オーストラリアはシドニーに本社を構える海外メーカー「F K Digital」の開発による、日本向けの対戦格闘ゲームです。

1レバー+4ボタン(弱パンチ、強パンチ、弱キック、強キック)というわかりやすい操作性と、「スキルセレクト」や「ダッシュセレクト」により同じキャラでも違う戦略が立てられる「セレクトシステム」が特徴となっています。

さらに「カオスキャンセル」「カオスシフト」「カオスコンボ」などのド派手必殺技&連携システムを採用し、奥深い追求も可能ということです。

登場キャラクターは個性豊かな11名。そのうち5名の情報が到着しましたのでご紹介します。

■緒田樹 光(CV:藤木志聞)
地球連合政府の軍に所属するエージェント。貧しい人々を救いたいと願っている彼に極秘任務が与えられる。「反地球連合組織『紅集』の隠密・篝の抹殺。そして、奴等よりも早くカオス・コードを確保せよ!」
格闘スタイルは中国拳法&軍式格闘術で、代表的な必殺技は「翻身虎襲脚」。

■カトリーヌ(CV:代永翼)
「香取平八」という男らしい名前を持ちながら、仕草が女性的な少女漫画家。ひょんな事から不思議な力を手に入れた彼女(?)は、漫画のネタ探しの一環として、話題のカオス・コードを追う。
格闘スタイルは存在せず、代表的な必殺技は「にゃんにゃんミラクル・ダイナマイト」。

■サーベラス・ブラック(CV:岡林史泰)
夢と財宝を追い求めるトレジャーハンター。自分を庇って呪いをかけられてしまった相棒を救う方法を探していた時、カオス・コードならば可能であるという噂を聞き、それを追う。
格闘スタイルは黒狼式GUN術で、代表的な必殺技は「ジ・エンド」。

■セリア(CV:根本香)
傍目には少しゴスロリ趣味のある普通の(?)少女、しかしその正体は「カオティクス」エネルギーで動くアンドロイド。突然謎の言葉を残して失踪した博士を探すため、謎の言葉=カオス・コードを追う。
格闘スタイルは「自己防衛システム」で、代表的な必殺技は「エンジェリック・ウィング」。

■ヴェイン(CV:真也)
幼い頃に紛争が原因となって孤児となった男。ずっと守ると言ってくれた姉は、そのときは来てくれなかった。「自分が信じていた世界」の終焉を感じた彼は、欺瞞に満ちた世界を終わらせる事を決意する。
格闘スタイルは「無銘」で、代表的な必殺技は「月夜煌蝶如也(ツキヨニキラメクチョウノゴトクナリ)」。

なお、公式サイトでは8月4日までの毎日、カウントダウン企画として描き下ろしCGが公開予定のほか、壁紙も配信しています。ぜひチェックしてみてください。

(C)F K Digital
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

    【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  3. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

    ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

  4. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  5. 「ゲームの都」を目指す仙台市ー”オモシロイ”を創造するビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  6. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  7. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  8. 「お稲荷JKたまもちゃん!」のキャラは実在する?―吉田輝和がゲーム雑談しつつユウキレイ先生に色々訊いた!【漫画特集】

  9. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  10. 【何なのだ、これは!】鬼才、ヨコオタロウ氏が手掛けたゲーム作品まとめ【どうすればいいのだ?!】

アクセスランキングをもっと見る