人生にゲームをプラスするメディア

グーグル、「Google+」にゲームを導入へ・・・フェイスブックの躍進に続け?

ゲームビジネス その他

グーグル、「Google+」にゲームを導入へ・・・フェイスブックの躍進に続け?
  • グーグル、「Google+」にゲームを導入へ・・・フェイスブックの躍進に続け?
フェイスブックへの対抗心を隠さないグーグル。先日ロンチした新たなソーシャルネットワーキングサービス「Google+」は、僅か3週間で2000万人近くのユーザーを獲得したとも言われています。

フェイスブック躍進を支えたのはオープン化、特にサードパーティ製のソーシャルゲームの大流行です。この分野でナンバーワンであり、『CityVille』『FarmVille』などで2億以上のアクティブユーザーを抱えるジンガは上場を申請し、時価総額は1兆円を超えるとも期待されています。

そしてグーグルも「Google+」の成長のため、ソーシャルゲームプラットフォームとすることを計画しているようです。

「Google+」のヘルプページには「ゲームのアップデート情報を見るためにはゲームストリームのページをチェックしよう」という文言があるほか、サイトのソースコードには「/_/games/getGameFriends」「/_/games/getActivities」「/_/games/postToStream」といったゲームに関係するようなAPIの存在を示唆するコードが含まれています。

近年のグーグルはゲーム分野への参入を強く意識し、ジンガへも1億ドルを出資しています。一昨年からソーシャルゲームプラットフォームの構築が噂されてきましたが、急成長する「Google+」への導入という形で決着が付きそうです。

ゲームによってフェイスブック一強体制を変えられるのか、今後に注目されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  3. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  8. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  9. SpriteStudio ユーザーミーティングが3月17日に開催、豪華ゲストにライトニングトークも!

  10. HAL研究所、東京開発センター撤退or移転!?

アクセスランキングをもっと見る