人生にゲームをプラスするメディア

キュー・ゲームス、オンラインバトル可能な『PixelJunkシューター2』体験版を配信

キュー・ゲームスは、プレイステーション3ソフト『PixelJunkシューター2』の体験版を7月13日より配信しました。

ソニー PS3
PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
  • PixelJunkシューター2
キュー・ゲームスは、プレイステーション3ソフト『PixelJunkシューター2』の体験版を7月13日より配信しました。

『PixelJunkシューター2』は、原生生物や水やマグマといった流体が迫りくる地形が舞台となる、新感覚の流体アクションシューティングです。

体験版では、シリーズ初となるオンラインバトルが可能。1人で楽しむアドベンチャーモードと異なり、2人プレイでアイテムや地形を使った戦略性の高いバトルが楽しめます。

プレイヤーは、オフェンスとディフェンスに分かれます。オフェンスは、自機となるカプセルサバイバーを自陣へと運び、ディフェンスはそれを阻止します。

オフェンスとディフェンスを交互に入れ替えて前後半を2回、計4回のバトルで、より多くのカプセルサバイバーが自陣にいた方が勝ちとなります。

オフェンスは、普段姿が見えないステルス状態で移動できますが、姿が見えない分視界は狭くなっています。ディフェンスは、レーダーを使って隠れているオフェンスを探しだして撃破します。

レーダーは、壁で遮断されるので、オフェンスはディフェンスの動きを見ながら、地形を巧みに利用してレーダーに当たらないように進むのがポイントです。

オンライバトルには、20種類のアイテムが用意されていて、最大3つまで装備可能。スピードは遅いが爆発範囲が広く、敵を追尾するトマホークミサイルや、水をマグマに、マグマを水に変えるフルイドコンバーターなど、自分の戦略に合わせて有効なアイテムを装備するのが勝利へのカギです。

オフェンスモード時は、一度相手の陣地に入ったカプセルサバイバーを引き剥がすことができます。相手の陣地の方がカプセルサバイバーが多い場合は、気づかれないように剥がして一発逆転も狙えます。

『PixelJunkシューター2』は、好評配信中で価格は1,000円(税込)です。

(C)2008-2011 Q-Games Ltd, All Rights Reserved.
《八岡弘高》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

    PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

  2. 『DEAD OR ALIVE 6』新キャラクター「NiCO」初公開&「こころ」「ラ・マリポーサ」の参戦が決定!

    『DEAD OR ALIVE 6』新キャラクター「NiCO」初公開&「こころ」「ラ・マリポーサ」の参戦が決定!

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

  4. 『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

  5. 『JUMP FORCE』「ONE PIECE」「ドラゴンボール」など人気キャラがニューヨークで激闘を繰り広げる大迫力のTV CMを公開!

  6. およそ20年ぶりに最新ハードで蘇る『シェンムー I&II』―“伝説のゲーム”と呼ばれる所以とは

  7. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  8. 【吉田輝和の絵日記】暗殺ステルスACT『ヒットマン2』毒殺・撲殺・偽装事故死なんでもアリ!覗きもあるよ!

  9. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  10. 『バトルフィールドV』「タイド・オブ・ウォー」のコンテンツ追加日を海外向けに発表!「最後の虎」は海外で12月4日から

アクセスランキングをもっと見る