人生にゲームをプラスするメディア

『龍が如く OF THE END』40万本突破、シリーズ累計は500万本に

セガは、プレイステーション3ソフト『龍が如く OF THE END』の国内出荷本数が40万本を超えたことを発表しました。

ゲームビジネス 市場
龍が如く OF THE END
  • 龍が如く OF THE END
セガは、プレイステーション3ソフト『龍が如く OF THE END』の国内出荷本数が40万本を超えたことを発表しました。

また、あわせて『龍が如く』シリーズの全世界出荷本数が累計500万本突破となりました。

『龍が如く』第一作は、2005年12月にプレイステーション2で発売され、大人に向けたエンターテインメントとして大きな話題を呼びました。骨太な人間ドラマを描いたシナリオ、豪華キャスト陣の参加、そして『龍が如く』シリーズに登場する巨大歓楽街「神室町」を舞台、散りばめられたサブストーリー、プレイスポット、迫力満点の喧嘩バトルなどが好評を得て、廉価版と合わせて100万本を突破しました。

2006年12月には続編『龍が如く2』が発売され、2008年3月に『龍が如く 見参!』、2009年2月26日に『龍が如く3』、2010年3月18日に『龍が如く4 伝説を継ぐもの』、そして2010年9月22日には初の携帯機版となるPSPソフト『クロヒョウ 龍が如く新章』が発売されました。シリーズを重ねるごとに様々なチャレンジが行われ、現在はセガを代表する人気シリーズとしての地位を確立しました。

最新作となる『龍が如く OF THE END』は6月9日に発売され、シリーズ初のバトルシステム「ガンショットバトル」を導入。誰でも簡単・爽快に撃ちまくる楽しさを実現しました。

タイアップ企業はシリーズ最多を更新。「Bradberry Orchestra」による楽曲提供を初め、的場浩司さん、杉本哲太さん、栗山千明さん、徳重聡さん、石橋蓮司さん、ピーターさん、シリーズ恒例の豪華キャスト陣も健在。さらにゾンビ役として、テリー伊藤さん、デビット伊東さん、エスパー伊東さん、セラピスト役として小森純さんが登場します。

セガは「今回の40万本突破を通過点とし、今後も『龍が如く OF THE END』の拡販に取り組んでまいります」とコメントしています。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

    なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  2. 紙で『スーパーマリオ』を再現−ストップモーション・アニメーションの労作

    紙で『スーパーマリオ』を再現−ストップモーション・アニメーションの労作

  3. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

    ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  4. 発覚!元任天堂広報H氏2度目の転職

  5. 今週発売の新作ゲーム『Spirit of the North』『Ministry of Broadcast』他

  6. 16連射の夢をもう一度!連射測定器付時計「シュウォッチ」いよいよ発売

  7. VRとアドベンチャーゲームを掛け合わせた『東京クロノス』が体験させてくれたこと

  8. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  9. ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止

  10. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

アクセスランキングをもっと見る