人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】ルイージの冒険にまさかの続編・・・『ルイージマンション2』を体験

ゲームキューブの同時発売ソフトとして登場した『ルイージマンション』にまさかの新作が登場します。

任天堂 Wii
【E3 2011】ルイージの冒険にまさかの続編・・・『ルイージマンション2』を体験
  • 【E3 2011】ルイージの冒険にまさかの続編・・・『ルイージマンション2』を体験
  • 【E3 2011】ルイージの冒険にまさかの続編・・・『ルイージマンション2』を体験
ハンドルネームを見てもらえれば分かる通り、ゲームキューブに深い思い入れのある筆者。同時発売となった『ルイージマンション』は印象深いゲームの一つです。――ただし、余り良き思い出、というわけではないですが。永遠の弟の活躍は広く注目を集めるものではありませんでした。

しかしニンテンドー3DSでまさかの登場。しかも完全新作ときています。『ルイージマンション2』、どのようなゲームなのか、早速体験してきました。

ゲームのガイド役はお馴染みオヤ・マー博士。10年前と変わらぬ怪しさでルイージを館に転送。ゲームの始まりです。

掃除機を使ったアクションは前作と変わりません。操作はRで掃除機を作動、Aでストロボです。コントロールパッドで移動します。Xで上を、Bで下を向きます。お化けはストロボでひるみますので、その隙に掃除機で吸い込んでやります。一定時間掃除機を当てると倒すことができます。前作を想像してもらえれば問題ないでしょう。

ゲームは大きな洋館の中を進んでいきます。洋館は部屋が沢山あり、扉を進んでいきます。お化けも随所で登場します。所々で鍵のかかった扉があるので、鍵を探すことになります。少々の謎解き要素とお化けを吸い込んでいく楽しさがゲームのキモです。触り心地は良くて、完成度も高い感じを受けました。遊べる日はそう遠くなさそうです。

あと、結構ひっきりなしにお客さんが付いてました。ルイージなのに遊ぶのに苦労しました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

    リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

  2. 福島県応援ポケモンに「ラッキー」が就任! 第1弾企画・謎解きイベント「コードF-9」を3月16日より開催

    福島県応援ポケモンに「ラッキー」が就任! 第1弾企画・謎解きイベント「コードF-9」を3月16日より開催

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  5. 『FE 烈火の剣/暁の女神』のドラマCDが4月17日発売! 作中のエピソードをベースとした「もしも」の物語が展開

  6. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  7. 『スーパーマリオメーカー2』Nintendo Directの映像からわかる16の新要素

  8. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  9. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  10. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る