人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】本物のエレキギターを使ってロックスター体験・・・『ロックスミス』

ソニー PS3

【E3 2011】本物のエレキギターを使ってロックスター体験・・・『ロックスミス』
  • 【E3 2011】本物のエレキギターを使ってロックスター体験・・・『ロックスミス』
  • ロックスミス
  • 【E3 2011】本物のエレキギターを使ってロックスター体験・・・『ロックスミス』
  • ロックスミス
  • 【E3 2011】本物のエレキギターを使ってロックスター体験・・・『ロックスミス』
  • ロックスミス
  • 【E3 2011】本物のエレキギターを使ってロックスター体験・・・『ロックスミス』
  • ロックスミス
音楽ゲームはかなり究極なところまで来たと思わざるを得ません。ユービーアイソフトが開発中の『ロックスミス』(Rocksmith)は、本物のギターを使用してプレイできる音楽ゲームです。本作はサウスホールのブースではなく、サウスとウエストを繋ぐ屋外通路に専用のトレーラーを横付けし、そこで体験できるようになっていました。

『ロックスミス』はエレクトリック・ギター(エレキ)であればどんなギターも使用が可能。トレイラーに入ると2台の什器がセットされていましたが、それぞれ異なるギターを使っていました。担当者によれば、ゲーム機とコードで接続して軽く調整を行うだけで使用ができるようです。

さっそくギターを持ってヘッドホンを付けて触らせてもらいました。前のプレイヤーが演奏している様子を傍から見学していると、ポロンポロンという感じなのですが、ヘッドホンを付けるとアンプを通して演奏しているような派手な音になりテンションが上がります。周囲に迷惑かけることなく、家でのギター練習にも使えるかもしれません。

基本的なゲームプレイは一般的なギターゲームと同様。画面奥から流れてくるマーカーの色と弦が対応していて、手前のラインにきたところでタイミングを合わせて弾きます。続けて上手く演奏できるとコンボになって得点がどんどん上がります。ギターのスキルなんてない筆者ですが、本物のエレキギターを持って演奏しているとロックスターになった気持ちです(大げさ)。

今回は基本的なプレイしかできませんでしたが、周辺機器としてのギターから、本物のギターに変わっただけで雰囲気は一変します。発想は単純ですが、これを体験してしまうともう元には戻れないかもしれません。日本での発売も決定済み。以下にトレイラーを掲載しますので、わくわくして待ちましょう。

《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  4. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  5. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  6. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  7. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  8. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  9. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  10. PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition が8月24日発売決定!―全世界合計5万台限定の特別モデル

アクセスランキングをもっと見る