人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】『アンチャーテッドー砂漠に眠るアトランティス-』開発スタッフが語る、3D立体視の取り組み

ソニー PS3

【E3 2011】『アンチャーテッドー砂漠に眠るアトランティス-』開発スタッフが語る、3D立体視の取り組み
  • 【E3 2011】『アンチャーテッドー砂漠に眠るアトランティス-』開発スタッフが語る、3D立体視の取り組み
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
  • アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-
ノーティドック開発、SCE発売のフラグシップタイトル『アンチャーテッド』。その第3弾『アンチャーテッドー砂漠に眠るアトランティス-』のトレイラー上映と開発チームとの合同インタビューが行われました。

■映画からの引用が散見されたデモ
ムービーはSCEプレスカンファレンスでデモプレイされた船内シーンと、3D映像による豪華予告編。そして今回が初出と思われる飛行場シーンの3本立て。ここでは船内シーンと飛行場シーンのシークエンスについて紹介します。

船内シーンは揺れる貨物船の甲板からスタート。足をよろめかせながら主人公ネイトが甲板を進み、見張りを忍び足で倒していきます。船倉にたどりつきましたが、見張りの待ち伏せに遭い、絶体絶命。ネイトは見張りのベルトから手榴弾を奪うと、隔壁に向けて放り投げて爆発させ、その隙に脱出を試みます。

どうどうと流れ込む大量の海水に加えて、爆破の衝撃で天井から大きな箱が落下。あわれネイトは水中の囚われ人となりますが、浮力で軽くなった箱から体を引きずり出し、天井に残り少なくなった空気でかろうじて息継ぎ成功。そこから水中を泳いで窓の鉄枠を外し、なんとか上部フロアに脱出しましたが・・・という流れです。

飛行場のシーンでは、シリーズでおなじみのヒロイン・エレナと二人で登場。飛行場内に侵入し、大型輸送機に荷物が運び込まれているのを確認したネイトは、エレナをジープで立ち去るように諭して、単身飛行場に侵入していきます。フェンスごしに表現される二人の関係は、ゲームの芝居もここまで来たかと思わせるものがあります。

ところが案の定というか、お約束というか、空港内に侵入したところで見張りに見つかり、蜂の巣にされそうな中を必死で逃げ回ることに。壁をよじのぼったり、フェンスを越えるなどして、命からがら滑走路にたどり着いたネイトは、すでに離陸体制に入った輸送機を走っておいかけます。

ああ、これは間に合わない!と思った瞬間、騎兵隊よろしくジープで駆けつけたエレナ。いやー、うまい伏線でした。ジープから輸送機の車軸にしがみつき、機上の人となったネイト。しかし、すぐに用心棒に見つかってしまいます。ゲームのお約束とはいえ、この人、ホントに懲りませんよね。

用心棒はカーゴベイを開けてネイトを外に放り出そうと試み、そのまま格闘シーンへと移行。用心棒をパラシュート降下する車両もろとも落下させることに成功しますが、自身も落下する積み荷に巻き込まれ、空中に放り出されてしまいます。間一髪でネットにしがみつき・・・といった流れです。

もともとアクション映画に入り込んだかのようなゲーム体験が特徴ですが、本作ではさらにパワーアップ。今回公開された内容だけでも、映画「コマンドー」「007 リビング・デイライツ」などからの引用が見て取れます。

もっとも、開発チームとしては、本作ではマルチプレイをさらに充実させたとのこと。第1作ではシングルプレイのみ、第2作では財宝を巡ってのチーム戦が楽しめましたが、第3作ではさらに充実したマルチプレイが楽しめそうです。もっとも、シングルプレイもそれに劣らずボリュームアップとのことでした。

■開発チームとのインタビュー
その後、開発チームとのインタビューに移行。ゲームデザイナーのJacob Minkoff氏とリードテクニカルアーティストで背景担当のTeagan Morrison氏に話を聞くことが出来ました。

まず過去2作で登場したヒロイン、エレナとクロエが魅力的ですね、と聞くとまんざらでもない様子。魅力的なヒロインを作る秘訣は、外見だけでなく、人格をしっかり練り上げることだという回答が返ってきました。ちなみにまだ未公開ですが、最新作でも新ヒロインが登場し、予告編にもちらっと登場するとのことです。

またゲーム全編が3D(立体視)という点でもフラグシップな本作。ゲームプレイと3Dの関係について聞くと、壁越しに敵キャラクターを待ち伏せたり、身を乗り出して射撃するなどのシーンで、遠近感が強調され、より効果的になっているそうです。

ちなみにデプスデザイナーなど、立体視における総合演出的な役職について聞いたところ、「リードシネマティックデザイナー」というポジションの人間が相当するとのこと。ここでいうデザイナーはゲームデザイナーの意味なので、企画職が担当することになります。

もっとも同社では、ゲームデザイナーはすべてプログラミングの素養があり、スクリプトが書けるとのこと。プログラマーはゲームエンジンやツール、ミドルウェア、スクリプトエンジンなどの開発整備を担当し、その上でゲームデザイナーと背景アーティストが共同でレベルデザインやイベントトリガー設定などを行うというスタイルです。

立体視に関する演出や設定はアーティスト的な素養とプログラミングの知識が必要となります。そこでグラフィックとプログラマーをつなぐテクニカルアーティストのように、プログラマーと企画をつなぐ新しいポジションが必要では・・・と尋ねたところ、同社では事情が違うとのこと。

その理由が「企画が全員プログラマーみたいなものだから」というわけです。そこで企画のトップクラスが3Dの総合演出を行うというのも頷けます。

というわけで、アクションアドベンチャーとしてだけでなく、3Dゲームとしてもフラグシップなタイトルになりそうな本作。おりしもソニーからPS3向けの3Dテレビが発表されたこともあり、文字通り「目が離せない」内容になりそうです。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  2. 『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

    『モンハン:ワールド』になぜベヒーモス?『FFXIV』コラボの裏側を、辻本良三氏&吉田直樹氏に訊く【E3 2018】

  3. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  4. 4K PC版『ソウルキャリバーVI』のゲームプレイ映像が公開―美しくも激しい戦いを目の前に

  5. 【吉田輝和の絵日記】PS4版『Fallout Shelter』で地下シェルターを運営!トゲ付き肩パッドはいらなかった…

  6. 「『モンハン:ワールド』で復活してほしいモンスターといえば?」結果発表―ベスト3はやっぱりあの3体!【読者アンケート】

  7. 『モンハン:ワールド』次回イベクエで“歴戦王”のヴァルハザクが登場!狩王決定戦のクエストも配信開始

  8. 8年ぶりの新作『ロックマン11』ダブルギアシステムによって現代的にリファインされたロックマンがここにある

  9. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  10. 『アサシン クリード オデッセイ』は“サービス”になり、毎週コンテンツが追加予定―海外報道

アクセスランキングをもっと見る