人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2011】サムス・アランみたいなキャラが二手に分かれて対戦・・・Wii U『Battle Mii』体験

メトロイドのような世界観で会場は大盛り上がりでした。

任天堂 Wii
WIi U『Battle Mii』
  • WIi U『Battle Mii』
  • WIi U『Battle Mii』
  • WIi U『Battle Mii』
メトロイドのような世界観で会場は大盛り上がりでした。

任天堂ブースでWii Uのデモンストレーションとして紹介されているうちの1つ『Battle Mii』は、タブレットとWiiリモコンの両方を使って遊ぶ例を提示するものです。

今回は3人プレイで、2人がWiiリモコン、1人がWii Uコントローラーで遊ぶという形でした。Wiiリモコンの2人は左右で分割されたテレビ画面を見ながら、Wii Uコントローラーのプレイヤーは液晶画面を見ながらのプレイとなります。

ゲームは2人vs1人という構図になります。2人はサムス・アランがデフォルメされたようなキャラとなり、空飛ぶ円盤に乗り込んだWii Uコントローラーを操るプレイヤーに迎え撃ちます。お互いの武器はビームだけですが、2人は地上からの限られた視界である一方、1人は空中からステージ全体を見渡しながら攻撃することができます。隣に置かれていた『Chase Mii』と同様、お互いの情報格差を上手く遊びに繋げているゲームと言えそうです。

今回は両方の側でプレイすることができました。Wiiリモコンの側ではデフォルメされているとはいえ、一般的なTPSの雰囲気で遊べます。Wii Uの側では操縦にジャイロを用いた特殊な操作でなかなか苦労しました。上空から地上を歩くサムスを狙うのですが、いかんせん空中で目立つ存在。2人に集中砲火を食らいあえなく撃墜されてしまいました。

デモですので遊びとしては非常にシンプルなものですが、お互いの格差が上手くスパイスとなり、Wii Uコントローラーひとつでゲームデザイン次第ながら奥深い遊びが実現できることを示してくれるものでした。



《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  4. セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

  8. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

アクセスランキングをもっと見る