人生にゲームをプラスするメディア

【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの

その他 全般

【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
  • 【女子もゲーム三昧】第2回 アクション下手でもいいじゃない、『戦国BASARA3』だもの
第2回「女子もゲーム三昧」は、2011年6月2日に廉価版が発売される『戦国BASARA3』です。



『戦国BASARA3』は2010年7月29日にWiiとPS3の2機種で同時発売されました。『戦国BASARA2』から4年振りの正式ナンバリングタイトルだけあり、発売日はまだかと待ち望んだのも記憶に新しいところです。

■戦国ドラマ絵巻を遊びたおそう
『戦国BASARA3』は天下分け目の関ヶ原を中心に据えたストーリーになっています。東軍率いる徳川家康、西軍率いる石田三成、そして各地の武将が関ヶ原を目指してバトルを繰り広げます。



物語は一本道ではなく、幾つかの合戦の中から次の進軍先を選ぶ事が可能。武将ごとに物語が細かく分岐しているため、武将選択画面の「クリア率」を確認したり、武将選択後の「シナリオ分岐」を確認しながら進軍先を決めていきます。



また一つの合戦を終わらせると各地の戦況も変化します。まるでリアルタイムで戦が行われているかの様な臨場感です!

■キャラクターは個性が大事
本作の代表キャラ、徳川家康と石田三成は性格も攻撃も正反対に描かれております。



“男は拳で語り合う!”を体現した徳川家康は、往年の格闘ゲームの主人公のようなキャラクター。フードのついた衣装といい、ガードの姿といい、ボクシング選手を彷彿とさせますね。リーチが短いので、遠距離系の武器を扱う武将には苦戦を強いられますが、タメ技が決まると実に爽快です。



石田三成は刀技を活かした素早い動きが特徴で、新武将のうちでも使いやすいキャラクターになっています。攻撃の範囲も広く、アクションの苦手な女の子にオススメです!

新武将の黒田官兵衛もなかなかの個性の持ち主。黒田官兵衛といえば、豊臣秀吉の軍師として名を馳せた人物。なのに『戦国BASARA3』の官兵衛は・・・なんと肉体派。そんなギャップが面白いですね。

さらにノンプレイキャラクターも個性的。2009年大河ドラマで主役をはった直江兼続も、『戦国BASARA』の手にかかれば大変な個性的な人物に・・・!地方の戦国武将にも注目しているので、歴史好きの筆者としては嬉しいところです。郷土愛がより一層深まりそうです。



また、ステージごとのBGMにも心が躍ります。例えば尼子晴久なら支配地域にある鳥取砂丘からイメージしたアラビアンナイト風BGM。鶴姫は魔法少女風BGM…といった具合。戦国っぽさにとらわれない、武将の個性やイメージに沿ったユニークなBGMが戦闘を彩ってくれます。

■アクション苦手でも大丈夫!
『戦国BASARA』シリーズは複雑な操作が必要ではなく、アクションゲーム音痴の筆者でもサクサクとコンボを決めることができます。しかもコンボを続けるとフィーバー状態になり、敵を倒すごとに小判をゲットできるというお得な設定付き。小銭に目がない筆者が必死になってコンボを決めたのは言うに及ばず・・・。



またアクション玄人さんには個々の固有技の特性を把握することでより効果的に連続攻撃を繰り出したり、創意工夫をすることも可能。というわけで、もう少しアクション力を鍛えてから出直してこようと思います(笑)


『戦国BASARA3』は誰でも楽しめるアクションゲーム。アクションは苦手、と思っている人でも楽しめること間違いなしです。

そんな『戦国BASARA3』、6月2日にはベスト版となって発売されます。最近WiiやPS3でほしいアクションゲームないんだよね、とお嘆きアナタ!是非プレイしてみてください。

ちなみに、Wii版が2490円(税込)、PS3版が2990円(税込)、Wii版の方が500円お安くなっています。


■著者紹介
みかめゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。
ゲームはジャンル問わずなんでもござれ。難しければ難しいほど燃えるドMゲーマーです。
歴史・ホラー漫画、歴史コラム、イラストなど雑多に活動しています。
サイト「車輪の真上」
http://zwei.lomo.jp/syarin/
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  4. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case09「奪還・前編」

  8. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  9. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

アクセスランキングをもっと見る