人生にゲームをプラスするメディア

サイバーコネクトツー、「接触編」と「発動編」2つのインターンシップを実施

サイバーコネクトツーは、ゲーム業界を本気で目指す人向けに「接触編」と「発動編」の2つの特徴を持った実践型インターンシップを実施することを明らかにしました。

ゲームビジネス 人材
サイバーコネクトツー、「接触編」と「発動編」2つのインターンシップを実施
  • サイバーコネクトツー、「接触編」と「発動編」2つのインターンシップを実施
サイバーコネクトツーは、ゲーム業界を本気で目指す人向けに「接触編」と「発動編」の2つの特徴を持った実践型インターンシップを実施することを明らかにしました。



サイバーコネクトツーは『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム』シリーズや『.hack//』シリーズなどで知られるゲームメーカーです。

同社の実践型インターンシップ「接触編」は「絶対にゲームクリエイターになる!」という強い意志を持っているが、技術力が未熟な方へ向けたインターンシップ。「発動編」はゲームクリエイターに求められる基礎能力をすでに有しており、さらに弊社への入社を希望している方に向けたインターンシップです。

「接触編」・「発動編」共に、サイバーコネクトツーの現役クリエイターの指導のもと、インターンシップ期間中にチーム制作を行い、1作品のゲームを完成させる実践型のカリキュラムが用意されています。

企画からデバッグ作業までゲーム制作の全行程を経験することで、希望職種の技術向上だけでなく、コミュニケーション能力・計画性など、ゲームクリエイターに求められる能力を、実践を通し身に付けることができるインターンシップ制度になっているとのこと。

ゲーム業界経験者にとっても、魅力的なインターンシップになりそうです。

「接触編」は、2011年10~11月頃までのおよそ2ヶ月間を実施予定(2011年10月開始予定)。「発動編」は2012年5~6月頃のおよそ2ヶ月間を予定(2012年5月開始予定)です。
《D》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  5. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  6. 【CEDEC2013】静的解析で開発現場はどう変わったのか――自動化が変えたソフトウェア品質

  7. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  8. コンパイルハート、コンパイルの営業権をD4エンタープライズから取得

  9. ブロックを組み合わせることでゲームができる「Game Blocks」 『Deus Ex』の開発者が公開

  10. 『ドンキーコングJr』の世界記録が塗り替えられる−脅威の点数とは?

アクセスランキングをもっと見る