人生にゲームをプラスするメディア

『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
  • 『Wizardry Online』は超高難易度、「ロスト」も実装!『Wizardry』30周年イベントレポート
ゲームポットは、『Wizardry』30周年イベントを5月21日に開催しました。

トークイベントなどと合わせ、新作『Wizardry Online』の概要などを明らかにしました。



『Wizardry』は、1981年にアメリカで生まれた伝説的ダンジョンRPG。『ドラゴンクエスト』をはじめ、数々のゲームタイトルに影響を与えたのみならず、現在でも新作が発表されています。



今回ゲームポットが東京・お台場で開催した『Wizardry』30周年イベントは、文字通り同シリーズの30周年を記念するもので、株式会社ドワンゴの動画投稿サービスニコニコ動画の「ニコニコ生放送」でも中継されました。

イベントではまず、『ロマンシング サ・ガ』シリーズなど数々のゲーム音楽を手がけてきた作曲家・伊藤賢治さんと、NHK紅白歌合戦にも出演経験があるヴァイオリン奏者・土屋玲子さんが、「Wizardry Renaissance」のテーマソングを生演奏しました。「Wizardry Renaissance」は、『Wizardry』ブランドをもう一度広く知らしめようと立ち上げられたものです。



演奏のあとには、『Wizardry』シリーズをこよなく愛するゲームクリエイターらによる座談会が行われました。登壇したのは、株式会社モバイル&ゲームスタジオ取締役会長で、ファミコン版『ウィザードリィ』シリーズのプロデュースを手がけた遠藤雅伸さん、株式会社チュンソフト代表取締役社長で『ドラゴンクエスト』~『ドラゴンクエストV』のプロデグラムディレクターを務めた中村光一さん、株式会社グラスホッパー・マニファクチュアのサウンドデザイナーで『サイレント・ヒル』なども手がけてきた山岡晃さん、株式会社アクワイアでプレイステーション3ソフト『Wizardry 囚われし亡霊の街』などのプロデュースを担当する田村純一郎さん、ゲーム雑誌などで執筆するフリーライター忍者増田さんです。



遠藤さんは「『Wizardry』のファンの人たち、集まっていただきありがとうございます。皆、おっさんだとは思いますが(笑) あと(ニコニコ動画のコメントの)弾幕うすいです」と会場を沸かせた。

また中村さんは「『Wizardry』にはとても影響を受けています。これがなければ『ドラゴンクエスト』は生まれなかったというほどRPGに与えたものは大きい」と語りました。中村さんはファミコンソフト『ポートピア連続殺人事件』を開発中、同じく開発に携わった堀井雄二さんと「この仕事が終わったら、一緒にRPGを作ろう」と話したが、これがのちに『ドラゴンクエスト』として世に送り出されることになったといいます。



実際、『ポートピア連続殺人事件』には、『Wizardry』の影響を受けた3D描写のダンジョンが「山川邸」の地下迷路として登場します。この迷路のなかには「もんすたあ さぷらいずど ゆう」と『Wizardry』ファンに向けた落書きもなされています。



山岡さんは「ゲームクリエイターとしてこの場に立てたことがうれしい」と語り、「『Wizardry』には、人生のようです」とシリーズ初期の理不尽さが、「社会ってこんな感じなのかな」と感じたと話しました。また田村さんが「アイテム収集であったりと『詰めていく部分』が魅力になっているのではないか」と語ると、忍者増田さんによると「生死ギリギリの戦闘、キャラクターを成長させる楽しみ、アイテム収集、想像力をかきたてられる」この4つが『Wizardry』シリーズの魅力で、特にアイテム探しについては「『1』では地下10階を何回まわったかわからない。ボスを倒してからがスタート」だと話しました。

また「『1』はグラフィックがチープですが、なんともいえないドキドキ感があります」と話す遠藤さんは、『1』をPC(アップルII)からファミコンに移植する際、開発者ロバーと・ウッドヘッドさんに「ファミコンでは無理だ」と言われたものの、プログラマの努力によりウッドヘッドさんが来日した際には自ら「グッジョブ!」と握手を求められるほどの完成度になったというエピソードを披露。ゲームポットで『Wizardry Onilne』の総合プロデューサーを務める岩原ケイシさんに「ぜひ攻難易度にして、(ファミコンのような)リセットが可能なシステムにしてほしい。『リセット』が課金アイテムとして売っていれば買う」と要望を出していました。



座談会のあとにはその『Wizardry Onilne』の概要が岩原さんのくちから説明されました。岩原さんは、「カジュアルなソーシャルゲームがトレンドですが、あえてその逆をいきます」と同作がかなり高攻難易度、シビアな設定になっていることが明かされました。純国内開発で進められるといいます。

街部分はいわゆるMMO、ダンジョン部分はいわゆるMOのかたちとなっており、シリーズの特徴であるキャラクターの「死」と「灰」、そしてすべてを失う「ロスト」も実装されているとのこと。この「なにも考えずにプレイしていては、クリアできない」というシビアさが継承されることが明らかにされると、会場内では一般の来場者からも拍手が起こっていました。そうすることで「自分が強くなれた実感を得られるはず。難しいところはパーティで役割を決めて乗り越えてほしい」と、岩原さんは思い切ったシステムについて、自信をのぞかせていました。

『Wizardry Online』は、5月28日29日に負荷テストが、6月中旬にクローズドβテストが実施される予定。現在、クローズドβテストのテスターが募集されています。

(C)Gamepot Inc. “Wizardry(R)” is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
Licensed by IPM Inc. to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance? (C)2009 IPM Inc. All rights reserved.
《D》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 【TGS2017】冒険アクションJRPG『GOKEN』、数量限定のSteam体験版コードが配布中!

    【TGS2017】冒険アクションJRPG『GOKEN』、数量限定のSteam体験版コードが配布中!

  2. 【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

    【特集】「一度見たら忘れない!洋ゲー強烈女子」10選

  3. 【TGS2017】テーマは「魔法×アイドル」!KLabGamesがオリジナルタイトル2作品を発表

    【TGS2017】テーマは「魔法×アイドル」!KLabGamesがオリジナルタイトル2作品を発表

  4. PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

  5. VR専用“眼”STG『ぎゃる☆がんVR』Steamにいきなり配信! 悪魔を吸い込む新装備も登場─「スカートがめくれるのは“偶然”」

  6. 『ログレス』を手掛けたAimingの新作MMO RPG『キャラバンストーリーズ』発表!PC&スマホで展開

  7. このブーム、何事!?まだ間に合う『刀剣乱舞-ONLINE-』講座…その魅力を徹底解説

  8. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  9. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  10. 『ソラとウミのアイダ』PC版が配信決定─DMM GAMESにて2018年春以降

アクセスランキングをもっと見る