人生にゲームをプラスするメディア

レノボ、今年後半に中国でゲーム機を発売へ・・・世界展開も視野

中国のPCメーカー、レノボは今年後半にゲーム機の発売を予定しているとのこと。

ゲームビジネス 市場
レノボ、中国向けにモーションコントロールゲーム機を開発
  • レノボ、中国向けにモーションコントロールゲーム機を開発
中国のPCメーカー、レノボは今年後半にゲーム機の発売を予定しているとのこと。

レノボは合弁で設立した北京聨合緑動科技を通じて「iSec」と呼ばれるゲーム機を発売予定。「iSec」は「Sports Entertainment Center」を略したものだとのこと。レノボのゲーム機は以前は「eBox」という名称で知られていました。

「iSec」はKinectに似た機能を持ち、カメラでプレイヤーの動きを捉え、それでゲームをプレイすることができます。レノボは先週金曜日にこのゲーム機を公開したとのことで、スポーツ、アドベンチャー、エクササイズなどのゲームが確認できたとのこと。また、ウェブや映画を鑑賞したりカラオケを楽しむ機能も備えられているとのこと。

ゲームは中国を始めとして欧米のパートナーが開発を進めている模様。

最初は中国のみの展開ですが、北京聨合緑動科技のCEOであるJack Luo氏は、100万台を突破すれば海外での展開も検討するとコメントしています。

中国でのゲーム機の販売は政府によって厳しく制限されていて、公式なものは、任天堂が現地企業との合弁会社を通じて発売しているiQue(ベースはゲームキューブ)のみです。ソニーやマイクロソフトも積極的に政府との交渉を行っているそうですが、現在のところWii、PS3、Xbox360はいずれも非公式なマーケットで手に入れるしかないという状況です。

ゲーム以外の分野ではこうした政策を通じて地場企業を育成し、多くのグローバル企業が誕生している中国ですが、家庭用ゲーム機の分野でも日本や米国の企業に並ぶ地位を獲得できるのでしょうか。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

    コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  2. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

    史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  3. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  4. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第4回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  5. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 「米つかみ」トレーニングでゲームがプレイしやすくなる?ケイン・コスギ氏インタビュー─アパレルブランド チャンピオンe-Sportsウェア発売イベント

  7. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  8. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  9. 【原理恵子のオンラインゲーム体験記(Vol.1)】キャラ作りにハマりそう!!

  10. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

アクセスランキングをもっと見る