人生にゲームをプラスするメディア

『テイルズ オブ エクシリア』新キャラ「ローエン」や戦闘システムが明らかに

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション 3用ソフト『テイルズ オブ エクシリア』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
  • テイルズ オブ エクシリア
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション 3用ソフト『テイルズ オブ エクシリア』の最新情報を公開しました。

今回も、いのまたむつみ氏デザインの新パーティキャラ「ローエン」を中心に、ストーリーを紹介します。

『テイルズ オブ エクシリア』はシリーズ初の“ダブル主人公”を採用した作品。男性主人公「ジュード・マティス」(藤島康介氏デザイン)と女性主人公「ミラ=マクスウェル」(いのまたむつみ氏デザイン)の2人の主人公から1人を選び、選択した主人公目線でのストーリーがプレイ可能です。

舞台となるのは、精霊術による文化を基盤として発展した世界、リーゼ・マクシア。現在のリーゼ・マクシアは、ラ・シュガルとア・ジュールという二国に分かれ、全土の覇権をめぐって対立関係にありました。



旅を続ける主人公一行は、たくさんの人々が行き交い、活気あふれる商業の街「カラハ・シャール」に立ち寄ります。この街は、ラ・シュガル国内の一都市でありつつも、貴族シャール家が領主として自治権を有していました。偶然から、領主クレインの妹ドロッセルと、その執事ローエンと知り合いになり、シャール家の屋敷に招待されます。しかしジュードとミラが指名手配犯だということをクレインに知られてしまい・・・。



「ローエン」(CV:麦人)はシャール家当主に仕える老執事。どんな時も落ちついていて、丁寧で品のある物腰を崩しません。精霊術を得意とし、一行を力ではなく、経験と作戦でフォローするブレイン的存在になると同時に、緊迫した空気を冗談でさらりと緩めたりする、お茶目なムードメーカーでもあります。



幅広い知識と、卓越した分析力、状況判断力を持ち、一手先を読むことに長けています。なにより、時折垣間見せる鋭い眼光には、普段の柔和な表情からは想像もつかない迫力があります。

あわせて、新しい戦闘システムも判明しました。本作では戦闘中リアルタイムに、戦闘参加キャラクターと、控えのキャラクターを入れ替えることができます。
(一度に戦闘に参加できるキャラクターは4人まで)



戦闘中にR3ボタンを押すと、一定時間、時間の流れがゆっくりになり、キャラクター入れ替えモードになります。この間に戦闘から外したいキャラクターを選択し、更に新たに参加させたい控えキャラクターを選択することで、選んだキャラクター同士を入れ替えることができます。ただし、片方が戦闘不能などの操作できない状態になっている場合には、入れ替えできません。



また、チャットシステムもバリエーションが多彩になりました。パーティキャラクターたちがフェイスグラフィックで表現され、表情豊かにおしゃべりをする、シリーズではお馴染みの「ロングチャット」に加え、登場キャラクターが1人、または2人の、短い会話のチャット「ショートチャット」も登場します。



ロングチャットとは違って、条件が揃うと自動的に起動し、その間ゲーム進行は止まりません。



さらにシリーズではお馴染み、戦闘中に交わされるキャラクターたちの臨場感あふれる会話も、「ファイティングチャット」として戦闘ならではのフェイスグラフィックで表現されます。

『テイルズ オブ エクシリア』は、2011年発売予定で価格は未定です。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『キングダム ハーツIII』海外での流出を受けディレクター野村氏がコメントを発表

    『キングダム ハーツIII』海外での流出を受けディレクター野村氏がコメントを発表

  2. 『キングダムハーツ III』ファイナルトレイラー公開!公式サイトのシステムページもオープン

    『キングダムハーツ III』ファイナルトレイラー公開!公式サイトのシステムページもオープン

  3. 『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

    『バトルフィールドV』、元1等陸尉がその戦場を歩く―シングルプレイヤー編

  4. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  5. 『モンハン:ワールド』×『ウィッチャー3』コラボ、安心感ハンパない吹替トレイラー!「これだから門は嫌いなんだ」

  6. 【吉田輝和の絵日記】『ジャストコーズ4』グラップリングアクションで大暴れ―『FF』っぽい飛空艇も作った!

  7. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  8. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  9. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  10. 『モンハン:ワールド』大型拡張DLC「アイスボーン」発表!「“G”相当の大ボリューム」と明言

アクセスランキングをもっと見る