人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、「ビーライン」ブランドでスマートフォン向けソーシャルゲーム開発に注力

ゲームビジネス 開発

カプコンは、スマートフォン向けソーシャルゲーム事業の拡充に向けて、セカンドブランドとして「ビーライン」を導入し、主導するための子会社として株式会社ビーライン・インタラクティブ・ジャパンを設立。また、米国およびカナダでモバイル事業を行う子会社2社の社名も「ビーライン」ブランドに基づき変更すると発表しました。

カプコンでは2009年以降、スマートフォン向けのコンテンツ開発に注力し、欧米の子会社を中心に海外向けソーシャルゲーム『Smurfs' Village』、『Zombie Cafe'』、『Lil' Pirates』を配信し3タイトル合計で1500万ダウンロードを超える成功を収めています。中でも『Smurfs' Village』はAppStoreの売上高で55カ国で1位を獲得したとのこと。

これまでの家庭用ゲーム機とは異なるユーザー層に訴求するため、セカンドブランドと専門の子会社を設立し戦略的に開発を進めていきます。

ビーライン・インタラクティブ・ジャパンの代表には海外でのモバイル向け開発を指揮してきた世古学氏が就任。拠点は大阪市内ですがカプコン本社とは異なる場所に置かれます。資本金は3億円でカプコンが全額出資。また、米国とカナダのCapcom InteractiveとCapcom Interactive Canadaが、Beeline InteractiveとBeeline Interactive Canadaに変更するとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  2. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  3. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  4. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  5. 任天堂が健康分野に進出 違和感のない必然の戦略

  6. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  7. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  8. 元米下院議長「暴力とゲームは関係ない、日本がそれを証明している」

  9. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  10. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

アクセスランキングをもっと見る