人生にゲームをプラスするメディア

Wiiの後継機報道に対するアナリスト達の反応

海外の複数メディアが、任天堂が今年のE3でWiiの後継機を発表すると報じています。それに対してゲーム業界に造詣の深いアナリスト達もコメントを寄せています。

任天堂 Wii
海外の複数メディアが、任天堂が今年のE3でWiiの後継機を発表すると報じています。それに対してゲーム業界に造詣の深いアナリスト達もコメントを寄せています。

Sterne AgeeのアナリストArvind Bhatia氏は、後継機について話は聞いているとした上で、「Wiiの販売動向を見る限り、今年のクリスマスにも発売すべきです。そうすれば2013年までは待つであろうソニーやマイクロソフトとの競争にも有利です」とコメント。ただし、報道によれば発売は来年の後半になるだろうとのことです。

デジタル分野に強いDFC IntelligenceのDavid Cole氏は、年末の発売はなく、E3の次の機会を伺うのではないかと言います。「我々の予測では任天堂の次のゲーム機は2012年の後半になります。発表がいつになるか、というのは別の問題ですが、E3という可能性は高いものの、ホームグランドである日本の、例えば東京ゲームショウでの発表ということも我々は念頭においています」

David Cole氏は、Wiiの販売は下落傾向にあるものの、2011年も最も売れたハードになる見込みで、PS3やXbox360が逆転するのは来年になると予測。来年にも新ハードを出せば、次のサイクルでの成功が見えてくるとしています。

ゲーム専門の調査会社EEDARのJesse Divnich氏も、E3で発表があっても驚かないと話しています。

GameInformerやIGNは、任天堂が今年6月のE3でWiiの後継機を発表すると報じました。それによれば、HD画質に対応し、性能が大きく向上、1080pにも対応するとのこと。発売は2012年の後半としています。またEngadgetは昨日、Wiiの値下げもE3にて発表されると報じています。

これまで家庭用ゲーム機の発売サイクルは約5年というのが長く続いてきた慣習でしたが、性能が十分に向上したPS3やXbox360では発売から5年が経過しても、暫くは後継機はないだろうと見られていて、ソニーもそれを示唆する発言をしています。しかしその一方で、ユービーアイソフトのYves Guillemot CEOは次のハードが業界を活性化するとして早めの投入を呼びかけています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  2. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  3. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  4. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  8. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る