人生にゲームをプラスするメディア

ゲーマーにお金を使わせた作品、ナンバーワンは『ギターヒーローIII』

その他 全般

ギターヒーロー5
  • ギターヒーロー5
CNBCは、米国の調査会社NPD Groupのデータに基づく、1995年以降のゲーム販売金額ランキングを公表しました。

それによればトップ10のうちアクティビジョン・ブリザードが5タイトル、任天堂が4タイトル、バイアコム(MTV Games)/EAが1タイトルを占めるという結果でした。トップの『ギターヒーロー』やトップ10に3タイトルが入った『Call of Duty』など近年のアクティビジョンの強さを印象づけるランキングとなっています。

1.ギターヒーローIII レジェンド・オブ・ロック (アクティビジョン)
2.コール・オブ・デューティ ブラック・オプス (アクティビジョン)
3.Wii Fit (任天堂)
4.コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア2 (アクティビジョン)
5.ロックバンド (バイアコム)
6.はじめてのWii (任天堂)
7.ギターヒーロー ワールドツアー (アクティビジョン)
8.Wii Fit Plus (任天堂)
9.マリオカートWii (任天堂)
10.コール・オブ・デューティ4 モダン・ウォーフェア (アクティビジョン)

トップになった『ギターヒーローIII』はダウンロードコンテンツを含めず8億3000万ドルを単体で稼ぎ、音楽ゲームを代表する作品となりました。また、「ワールドツアー」も7位に入ります。さらに『ロックバンド』も5位になり、このジャンルの人気を示しています。

ただしこのランキング、販売金額をランク付したもので、専用コントローラーを同梱した音楽ゲームや『Wii Fit』が高く出てしまっているようです。とは言え、ゲーマーにたくさんの金額を使わせたゲーム、という意味では価値を認められたゲームのリストと言えそうです。

しかしそう考えると周辺機器とは関係ない単純なフルプライスの『コール・オブ・デューティ』が3タイトルもランクインするというのは、いかにこのシリーズが支持されているのかを印象づけます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

    カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  2. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  3. 『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

    『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

  4. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  5. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第8回 当たり前のアタリ4コマ二本立て

  6. 【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. C93に『シュタインズ・ゲート』ブース登場、鈴羽の誕生年記念の新作ドラマCDなどが販売

  9. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選、『FGO』今年のサンタは「★4アルテラ」、『きららファンタジア』19時のサービス再開が不可能に…など(12/13)

  10. 「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

アクセスランキングをもっと見る