人生にゲームをプラスするメディア

グリー、北京・シンガポール・ロンドンにオフィスを開設

その他 全般

グリーは、各地域のパートナーの開拓や連携を円滑に進めるため、北京、シンガポール、ロンドンの3都市にオフィスを開設すると発表しました。今年度中に登記を完了する見込みです。

同社では海外展開を積極化させていて、まず今年1月に米国に子会社GREE Internationalを設立しています。これらの都市へのオフィス開設を通じて、中国、東南アジア、欧州も開拓していきたい考え。

既に中国のインターネットサービス大手Tencentとプラットフォームの共通化で合意、準備を進めています。また、東南アジアを中心に新興国で4000万人の会員を持つmig33に出資を行っています。新しいオフィスによってこれらとの提携も強化されるでしょう。

GREEではこれらの地域で活躍する人員の募集も同時に行なっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  2. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

    【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  3. 『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

    『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布

  4. 【読者アンケート】「あなたが12月に買う新作タイトルは?」結果発表─1位は脅威の40%超え! 人気シリーズの最新作が上位を占める

  5. 【昨日のまとめ】バーチャルコンソール版『ポケモン クリスタルバージョン』配信決定、『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0をチェック、『ポケモン US・UM』ウルトラネクロズマを紹介…など(12/15)

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】過去の名作が復活しても、それは自分にとっては“今のゲーム”という悩み

  7. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case07「街」

  8. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【特集】「海外ゲームに登場する勘違いニッポン」10選

アクセスランキングをもっと見る