人生にゲームをプラスするメディア

「Xperia Play」に「NGP」、プレイステーションブランドはどうなる?

ソニー PSV

NGP本体
  • NGP本体
  • Xperia PLAY Xperia PLAY
  • Xperia Play
  • NGP本体
  • NGP本体
ソニー・エリクソンは長く噂されてきたプレイステーション携帯こと「Xperia Play」をスペインはバロセロナで開催されたイベントで発表しました。

「Xperia Play」は噂の中で様々な名称が使われていました。「PlayStation Phone」「Sony Ericcson PSP」「Xperia PlayStation Portable」などなど。そのどれもが、名称の中に"プレイステーション"を含んでいました。プレイステーションはゲームの世界で約20年間培ってきた大きなブランドです。

先月東京で発表された次世代のPSPこと「Next Generation Portable」(NGP)からも"プレイステーション"という名前が取り除かれています。これは意図的なものでしょうか。PC Magazineが疑問を呈しています。

同誌では"プレイステーション"というものをハードウェアではなく、プラットフォームに変えていこうというソニーの想いが込められているのではないかと推測しています。これまで、"プレイステーション"ではハードとプラットフォームが一体でした。3DOやセガサターンなど極一部の取り組みを除けば家庭用ゲーム機とはそういうものでした。

しかしソニーは「PlayStation Suite」と「PlayStation Certified」で、プレイステーションを遊べるハードを増やそうとしています。「Suite」はAndroid携帯でプレイステーションを動かす事を可能にします。つまり、ソニーのプレイステーションのみが"プレイステーション"だというわけでは今後ないわけです。

ソニーは「NGP」ではこれまでの家庭用ゲームのビジネスモデルも変わっていくとしています。ソニーは名称について正式にコメントしていませんが、"プレイステーション"ブランドを使わないという決定がこのような理由ならばその本気度が伺えると言えます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

    『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

  2. 約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

    約1万人のハンターが集結!大いに湧いた「モンスターハンター:ワールド 狩猟感謝祭 2018」フォトレポート

  3. 『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

    『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

  4. 『モンハン:ワールド』追加モンスター“ベヒーモス”配信予定日が明らかに―“竜騎士”イメージの操虫棍&防具も登場

  5. 【特集】オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』13選【12/7更新】

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. 『モンハン:ワールド』アステラ祭【納涼の宴】開催!受付嬢たちが水着姿でお出迎え

  8. あっこれかぁ!『フォートナイト』エモートの元ネタたち―海外YouTubeユーザーがまとめ

  9. 『フォートナイト』ファンに熱望されたダンスが新エモートとして実装―元ネタの少年は大喜び

  10. フロム新作『SEKIRO』はチュートリアルが強化ーActivisionによる「切望していた」サポートを得て

アクセスランキングをもっと見る