人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが認定「これまで最もハードだった横スクロールアクションベスト5」

その他 全般

海外ゲーマーが選ぶハードな横スクロールアクションを見ていきましょう。

海外メディアOfficialNitendoMagazineは「これまで最もハードだった横スクロールアクションベスト5」を挙げています。WiiとニンテンドーDSで遊べることを条件に選定されており「もし挑戦するなら裏技を使わずに遊んで欲しい」としています。

■『超魔界村』
「音楽はエース級であり、グラフィックも当時としてはすばらしい。しかし『超魔界村』と戦う人にとってはどちらも重要ではない。これは敵が次々と再出現するひどく無情なゲームで、時にはあなたの足下に敵が現れる」

■『ロックマン』シリーズ
「それぞれの作品を一つとして扱うなら、このリストの全てが『ロックマン』で埋まってしまうほど難しい。もしも挑戦を望むならバーチャルコンソールとWiiウェアにあり、誰もがその選択を呪うだろう」

■『光神話 パルテナの鏡』
「ピットの最初の冒険は悪魔めいたもので、最初の面でさえ精神的にこたえる。小さなクリーチャーがあなたを見つけると同時に攻撃してくる。画面を上にスクロールさせてゲームを進めても、画面外に落ちただけで一発死になる」

■『n+』
「あなたが携帯ゲーム機で欲求不満になっているならニンテンドーDSの『n+』を探すといい。北米でしか発売されていないのでeBayの仕事になるだろうが、探し出すだけの価値はある。目的は簡単で敵を避けて出口へたどり着くだけだが、ゲームは無慈悲で容赦がなく、あなたは何千回も死ぬだろう」

■『スーパーマリオブラザーズ2』
「24年前のゲームだが、マイクロウェーブを浴びせた革と同じくらいにハードだ。ゲームはその当時難しすぎ、任天堂オブアメリカ(NOA)は、代わりに別の『スーパーマリオブラザーズ2』をリリースしようと決めたほどだ(当時海外では日本版の『2』は発売されず、『スーパーマリオUSA』が『2』のタイトルで発売された。後に『2』は『Super Mario Bros.: The Lost Levels』としてリリース)。ゲームはあなたに毒キノコを投げつけ、ワープゾーンで後戻りさせ、1~8ワールドを8周しないとワールドA~Dには行かせない。一言で言うならこれは究極のチャレンジだ」

ゲームは難しいほどやりがいが出てくる・・・という人なら、これらのトップ5に挑戦するのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

    「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  2. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  6. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  9. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

アクセスランキングをもっと見る