人生にゲームをプラスするメディア

米国でのファミコン立ち上げ秘話 ― 冷え切った市場にゲーム機を売り込む秘策とは?

ゲーム離れを起こした米国市場にファミコンを売り込むべく、任天堂はある秘策を用意しました。

ゲームビジネス 市場
ファミコン
  • ファミコン
ゲーム離れを起こした米国市場にファミコンを売り込むべく、任天堂はある秘策を用意しました。

海外メディアwiredはNES(海外版ファミコン)立ち上げに関する記事を公開しました。25年前の1985年10月18日はNESの発売日。当時米国市場はアタリショック(質の低いゲームが乱造されたことで、市場がゲーム離れを起こした)のまっただ中でした。

当時、任天堂オブアメリカ(NOA)はNESを発売しようとしましたが小売店の反応は冷ややかなものだったといいます。

NOAの社長であった荒川 實氏は小売店にある提案を行います。それは小売店にNESを提供し、店頭のディスプレイなどもすべてNOAが用意するというもの。小売店はNESが売れれば通常通りの利益を得られ、売れなくても無償で返品できるという破格の条件でした。

NOAはゲーム離れを起こした市場にNESを投入する際、従来のビデオゲームから離れたイメージを持たせようとしました。「アクションセット」に光線銃が、そして「デラックスセット」には光線銃+「ファミリーコンピュータ ロボット」が同梱されているのはそのためだったそうです。

「1985年に任天堂に悪影響を与えたのは、アタリ崩壊時の悪臭ばかりではなかった。当時日本はクールな文化を提供するものとされておらず、彼らは侵略者(インベーダー)であった。NOAの従業員が夜遅くにNESを運び込もうとしたとき、店の警備員は“あんたらは日本人のために働いてるんだって?ぶざまに失敗するがいいさ”と声をかけた」

当初NESの販売はニューヨークのみで行われ、製造された半分にあたる5万台が投入されたといいます。これは見事に成功し、翌年からはロサンゼルス、シカゴ、サンフランシスコへと販売を拡大したそうです。
「その年の末、『スーパーマリオブラザーズ』が売上をリードし、NESは全国的なものとなった。ビデオゲームが帰還したのだ」

アタリショックによるゲーム離れ、日本商品への冷ややかな視線などNESを取り巻く環境はかなり過酷だったようです。それでも破格の条件を小売店に示せたのは、NESのできばえを深く信頼していたからに他ならないでしょう。NESがゲームへの信頼を取り戻し、黄金時代を築き上げたのは皆さんもご存じの通り。25年前の決断はまさに歴史を変えるものだったといっても過言ではないでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  2. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

    【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  3. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  6. まんだらけ秋葉原店にて、ファミコンカセット1051本コンプセットが展示中!

  7. TAが語るシーグラフ2012のトレンドとは?SIG-TA主催の報告会レポート

  8. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  9. 【CEDEC 2010】スクエニ→DeNA、日本→世界・・・「イグアナ海を渡る」

  10. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

アクセスランキングをもっと見る