人生にゲームをプラスするメディア

モスク射撃ゲームがオーストリアで禁止に「全くのナンセンスで受け入れがたい」

オーストリア政府は宗教を中傷するFlashゲームを禁止するという決定を下しました。

その他 全般
モスク射撃ゲームがオーストリアで禁止に「全くのナンセンスで受け入れがたい」
  • モスク射撃ゲームがオーストリアで禁止に「全くのナンセンスで受け入れがたい」
オーストリア政府は宗教を中傷するFlashゲームを禁止するという決定を下しました。



オーストリア政府はFlashゲーム『Moschee Baba』を禁止すると発表しました。同作は極右政党である自由党が配布したもので、「バイバイ、モスク」の意。モスクやイスラム教徒を狙い撃つという過激な内容となっています。

これまではゲーム終了後に「シュタイアーをモスクやミナレットでいっぱいにしないために9月26日はDr. Gerhard Kurzmannと自由党に投票してください」というメッセージが表示されていたとのこと。現在はプレイ不可能となっていますが、「親愛なる訪問客へ。我々の敵の政治的影響力により、ゲームは法の下で禁止されることとなりました」との一文が画面に現れます。

オーストリアのハインツ・フィッシャー大統領はゲームを「全くのナンセンス」であると評価。現地を訪れていた潘基文 国連事務総長も「全く受け入れがたい」と語ったとのことです。

しかしゲームはオーストリアのネオナチのサイトに再掲載されてしまい、これに憤慨したトルコの「Black Peace」が自由党に関連するプロバイダにサイバー攻撃を行いモスクのイメージをアップロードするなどの騒ぎになっているそうです。

オーストリアのイスラム系コミュニティ「Islamic Community in Austria」の代表者であるAnas Shakfeh氏はゲームに関し「宗教に対するこの憎悪は反駁もできないし、受け入れられもしない」とコメントしています。

人を楽しませるはずのゲームが人を傷つけてしまうという、ゲームの影響力が悪用された悲しい事件といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 中国レイヤー・楚楚子、『鬼滅の刃』から『FGO』『ひぐらし』『チェンソーマン』まで美麗コスプレ披露!【写真38枚】

    中国レイヤー・楚楚子、『鬼滅の刃』から『FGO』『ひぐらし』『チェンソーマン』まで美麗コスプレ披露!【写真38枚】

  2. 日本初の女性プロ・チョコブランカさん出演! e-Sports体験セミナー「はじめてのeスポーツ!やさしく始めるゲーム体験」2月7日開催

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. 【コスプレ】『FF15』ルナフレーナが持つ芯の強さを表現したい!世界中から愛される「神凪の巫女」を大聖堂で撮影【写真15枚】

アクセスランキングをもっと見る