人生にゲームをプラスするメディア

新キャラ「レン」登場! 『GOD EATER BURST』新要素の最新情報公開

ソニー PSP

GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
  • GOD EATER BURST
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『GOD EATER BURST』の最新情報を公開しました。

今回の情報は、追加ストーリーにおいてカギを握る存在になるという新キャラ「レン」(CV:白石涼子)。中性的なルックスで性別不明ながら、プレイヤーと仲良く会話したり、逆に諍いとも見えるシーンが公開されました。新型神機使いとして、ともに戦いのフィールドに出ることもあるようですが、どんな能力をもっているのか、ストーリーにおいてどんな役割を果たすのかは、いまだ謎となっています。

また、大森タツミや台場カノンといった、登場回数は少ないが味のあるセリフや設定で人気のあるサブキャラクターたちも、『BURST』では容姿やボイスまでが大幅にリニューアルされることが判明。スキルによる個性付けもされ、戦力としても前作以上に期待できる他、より明確にキャラクター性も演出されるとのことです。

さらに、全ての既読シナリオのデモムービーがいつでも見直せる「アーカイブ」機能が搭載されました。自室のターミナルからアクセスすることで、これまでに見たムービーがいつでも閲覧可能。あの素晴らしいシーンをもう一度見たい!と思ったエピソードなどもこれでゆっくり楽しむことができるでしょう。さらに単なる既出ムービーの閲覧だけでなく、お楽しみ要素もある模様です。

システム面でも、「空中ガード」「ステップキャンセルガード」「バーストスキル」など、アクションのさらなる調整・変更などが多数行われることが判明しました。

「空中ガード」では、ジャンプ後の連続攻撃中での敵反撃に対して即座にガードを決めることができるようになります。「ステップキャンセルガード」では、ステップ後の隙をキャンセルしてすぐにガード体勢に移れるようになりました。

そして、新スキルカテゴリ「バーストスキル」は、「バーストモード中」にのみ有効になるという特徴を持ち、バースト後のアクションをより個性的に際立たせることが可能。神機の「制御ユニット」の新設により、バースト後のアクションをよりアクティブに選択可能となりました。

バレットエディットもさらに改良され、プレビュー画面で威力を数値的に確認できるようになった他、新たな弾種や軌道のチップが用意され、前作では作れなかったようなパターンのバレットも制作可能になります。また前作ではムービーでその存在だけが語られていた「回復弾」が新弾種として登場することが判明しました。

ソロプレイでは「衛生兵」のクラスを持つサクヤなどは、積極的にこの回復弾を使ってくれるので、非常に心強いことでしょう。マルチプレイでもスキルなどを活かしつつ、回復に特化したキャラを演じることもできるようになるはずです。「回復弾」は弾種扱いなので、バレットエディットに組み込むことも可能です。

また、友達とアバターデータを交換することで友達のステータスをもったキャラをNPCとして登録できる「アバターカード」システムですが、友達のアバターNPCと共闘することで手に入った素材の一部がデータとして蓄積され、次に通信を行った際にそれらの素材も交換できることができます。つまり、友達とマルチプレイしたあとのソロプレイ時も、仲間とお互いに協力し合って効率的に素材集めが可能となります。しかも、本作の追加新要素として「素材の分解/合成」が可能に。

また、新衣装や新武器、髪型のバリエーションも増え、前作以上に個性的なキャラクターを演出することができるので、アバターカード交換時の楽しみが増えるでしょう。

これまでもアイテムの合成システムはありましが、本作では獲得した「素材」も上位素材⇔下位素材に分解合成が可能。これにより、進行度の異なる仲間同士による素材集め&交換においても、互いが今必要としている素材が得やすくなると思われます。

初回封入特典の“プレミアムキャラクターダウンロードカード”で入手できるプレミアム衣装の追加キャラクターも今回発表されました。前回のアリサ、サクヤ、ソーマに加えて紹介するのはコウタとシオの衣装です。なお、初回封入特典のダウンロードカードには、まだ他のキャラの衣装も収録されています。

『GOD EATER BURST』は10月28日(木)発売予定で、価格は通常版が5,229円(税込)、ダウンロード通常版が4,700円(税込)、前作を持っている人向けのアペンド版が2,100円(税込)となっています。

(C)2010 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ザンキゼロ』発売日決定!“生死を繰り返す”主人公たちの過酷なサバイバルが7月5日に幕開け

    『ザンキゼロ』発売日決定!“生死を繰り返す”主人公たちの過酷なサバイバルが7月5日に幕開け

  2. 『New ガンダムブレイカー』最新情報公開!ガンプラカスタマイズではBGMも変更可能に

    『New ガンダムブレイカー』最新情報公開!ガンプラカスタマイズではBGMも変更可能に

  3. 5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

    5月の「PS Plus」内容一部公開―フリプ『シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-』など、『ARK』がディスカウント

  4. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  5. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』クレイトスはどう変わった?ディレクターが語るその内面の変化とは

  6. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』ついに発売!序盤のちょっとした攻略トピックスをご紹介

  7. 『モンハン:ワールド』4月27日より『Devil May Cry』コラボ開始!新イベクエの内容もチェック

  8. 『英雄伝説 閃の軌跡IV -THE END OF SAGA-』重要なキーワードやメンバーのプロフィールを一挙公開

  9. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』100%コンプリートするには43時間が必要?過去作の2倍以上に

  10. 『モンハン:ワールド』ついに“重ね着装備”に追加が!マム・タロトと同時実装、そして鑑定武器とは…

アクセスランキングをもっと見る