人生にゲームをプラスするメディア

ソーシャルゲームへの広告は180億円規模 ― 急成長続く

PCゲーム ソーシャルゲーム

ソーシャルゲームは広告媒体としても大きな注目を集めるようです。

調査会社であるeMarketerは、2010年にソーシャルゲームに出された広告の総額が2億2000万ドル(約187億円)に達するとする調査結果を発表しました。

昨年の1億8300万ドル(約156億円)から大幅に増加しており、来年には2億9300万ドル(約250億円)になるとの見通しです。

2億2000万ドルのうち、1億4200万ドル(約121億円)は米国で出稿された広告とのこと。

eMarketerは「ソーシャル系タイトルのメインストリームは『FarmVille』のようなゲームにあり、ZyngaやPlaydomのようなソーシャルゲームメーカーは、広告主に何百万ものユーザーにアクセスする可能性を提供することで投資の機会を増やすだろう」とコメントしています。

ソーシャルゲームは非ゲーマー層にも広がっており、これまでのオンラインゲーム以上に広告媒体として有望ということのようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 日本の田舎を巡る一人称視点ADV『NOSTALGIC TRAIN』Steam発売日決定!

    日本の田舎を巡る一人称視点ADV『NOSTALGIC TRAIN』Steam発売日決定!

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  4. 『Ar:pieL』(アルピエル)5月31日にアップデートを実施─「放課後特別活動」とレイド「上級」 の詳細が明らかに

  5. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  6. Steam、ニンテンドースイッチProコントローラーにも対応へ―多数のPCゲームで利用可能に

  7. 蹂躙され“身も心も傷ついた”少女たちを救出し、子孫を繁栄させていくDMMの新作RPG『ユバの徽』発表

  8. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  9. 幼女になって自由に暴れまわる『幼女シミュレーター』Steamで配信開始

アクセスランキングをもっと見る