人生にゲームをプラスするメディア

ファン待望のオンライン対戦も実現『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』10月21日発売日決定

ソニー PS3

NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
  • NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2
バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox 360ソフト『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』を10月21日に発売することを発表しました。

今作もサイバーコネクトツーが開発を担当。“アニメとゲームの華麗なる融合”をコンセプトに、超シネマクオリティで制作されており、大幅な進化を遂げています。



プレイヤーは、主人公であるナルトをはじめとした個性あふれるキャラクターたちの中から好きなキャラクターを選択し、忍術や奥義をタイミングよく繰り出しながら戦闘を進めていきます。武器となる忍具や忍術なども多彩に用意されており、何度でも遊びたくなる要素が満載。リアルタイムでアクションに特化したカメラに切り替わるため、アニメを自分で動かしているかのような美しいグラフィックで、常に迫力のあるビジュアルを楽しむことができます。



『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』では、ファン待望のオンライン対戦も実装。「プレイヤーマッチ」「ランクマッチ」の対戦形式が用意されています。さらには『鉄拳6』とのコラボレーションが実現。『ナルティメット』シリーズの世界に岸本斉史先生のデザインの衣装を身にまとった「ラース」が参戦します。

戦闘では、原作の世界観を再現した3対3の「スリーマンセルバトル」を採用。プレイヤーは最大2人のサポートキャラクターを選択可能。誰をサポートに加えるか、どのタイミングで使用するか?どの役割を期待するか?敵味方が入り乱れた戦闘では、サポートキャラクターの使い方が、勝負を決めるでしょう。



また、バトルシステムには「覚醒」が存在します。体力ゲージが一定量以下になると、チャクラゲージの先端に「覚醒ランプ」が出現。この状態でチャクラを最大まで溜めて、さらに押しっぱなしにすると、覚醒ランプが点滅し始め、「覚醒」します。覚醒すると、覚醒ランプの横に青い炎が灯り、この炎がすべて消えてしまうまで覚醒状態を保つことが可能。覚醒状態では、各種パラメーターが大幅にアップしたり、新たなアクションが加わったりしますが、さらにキャラクターによっては、見た目そのものが大きく変化する場合もあります。

そしてボスバトルも大幅に進化。リアルタイムにバトルフィールドが変化するため、より戦略的に戦う必要があります。ボスを相手にナルトたちが画面いっぱいに暴れまわります。

今回はナルトVSカカシを紹介。バトルスタート時は通常のバトルシステムとなっていますが、バトルが進行すると、高台から攻撃をしかけてきます。サポートキャラのサクラを上手に使えば、高台を破壊し、カカシの攻撃を妨害できるでしょう。さらにバトルが進むと、サクラがフィールドを大破。残りの足場だけで戦ってください。



『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2』は、10月21日(木)発売で価格は7,329円(税込)です。

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)2010 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

    PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

  2. 【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

    【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

  3. 【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

    【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

  4. 【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?

  5. 『ドラクエXI』名前入力は6文字まで、3DS版では「時渡りの迷宮」で“ロンダルキアの洞窟”にも行ける

  6. 『旋光の輪舞2』最新PV公開! より強力になった弾幕やボスを映像でお披露目

  7. 『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

  8. 『ペルソナ5』ジョーカーがfigma化―もちろん相棒「モルガナ」も付属!

  9. 【レポート】『グランツーリスモSPORT』メディア体験会で新要素が一挙判明

  10. 『グランツーリスモ SPORT』は今後20年を見据えたタイトル―山内一典氏合同インタビュー

アクセスランキングをもっと見る